Oracle検証済みデータビュー

Snow Softwareは、Oracleデータベースとデータベースオプションの検証済みサードパーティツールベンダーであるため、Oracleは、Snow License Managerによって収集されたOracleデータベースデータを検証済みの監査データとして受け入れます。

検証済みOracleデータベースデータを管理してダウンロードするには、エンタープライズ > Oracle概要に移動して、Oracle検証済みデータタブを選択します。

注記

Oracle検証済みデータタブは、デフォルトではすべてのユーザーで利用できないようになっています。Oracle検証済みデータ機能の説明と有効化の方法については、 を参照してください。

Oracle検証済みデータタブでは、エステートのサーバーが2つのテーブルに分かれて表示されます。

  • 完全な検証済みデータがあるサーバー - このテーブルに表示されているサーバーでは、Oracle検証済みデータを準備してダウンロードできます。

    割り当て済みのデータベースライセンス、メトリック、環境の情報がないサーバーも含まれていますが、これらのサーバーの検証済みデータをダウンロードするためには、不足している情報を追加する必要があります。この情報は、ユーザーインターフェースで直接編集できます。

  • 不完全な検証済みデータがあるサーバー - このテーブルに表示されているサーバーでは、重要なデータが不足しているか、またはエラーがあるため、Oracle検証済みデータを準備してダウンロードすることはできません。たとえば、SnowインベントリOracleスキャナーデータが存在しない、トポロジーでコンピュータが定義されていない、検証エラーや解析エラーがあるといった理由です。

    このテーブルの各サーバーに対しては、データが不完全として分類されている理由と、問題を解決するために推奨されるアクションが表示されます。問題が解決されたサーバーは完全な検証済みデータがあるサーバーテーブルに移動し、そのサーバーの検証済みデータをダウンロードできるようになります。

Oracle検証済みデータの準備とダウンロード

注記

不完全な検証済みデータがあるサーバーテーブルのサーバーのデータをダウンロードしたい場合は、テーブルに表示されている問題を先に解決する必要があります。

  1. 完全な検証済みデータがあるサーバービューに移動します。

    このテーブルには、Oracle検証済みデータがダウンロード可能なすべてのサーバーが表示されています。このテーブルのいずれかのサーバーに割り当て済みのデータベースライセンス、メトリック、または環境の情報がない場合は、テーブルの上に警告メッセージが表示されます。これらのサーバーの監査データをダウンロードするには、以下の説明に従って、不足しているデータを先に追加する必要があります。

    • 不足しているデータを追加するには、1つまたは複数のサーバーのチェックボックスをオンにしてからアクション > データを編集を選択し、データベースプロパティの編集ウィンドウで、メトリック、割り当て済みのデータベースライセンス、環境のデータを編集します。

      注記

      割り当て済みのデータベースライセンスメトリックの値を編集した場合は、Oracle検証済みデータビューのデータにのみ影響し、永続的に保存されているデータには影響しません。データをリセットを選択すると、編集したデータをリセットできます。選択されていないサーバーも含めたすべてのサーバーの編集済みの値がリセットされます。

      環境の値を編集した場合は、編集後の値が永続的に保存され、ユーザーインターフェースの他のビューにも同じ値が表示されます。データをリセットを選択しても、編集したデータはリセットできません。編集後の環境値を変更するには、編集機能を使用してください。

  2. Oracle検証済みデータを抽出してダウンロードしたいサーバーのチェックボックスをオンにしてから、ファイルを準備を選択します。

    選択したサーバーのデータが抽出されます。多くのサーバーを選択すると、処理に時間がかかる場合があります。すべてのデータが抽出されると、ファイルをダウンロードボタンが有効になります。

  3. ファイルをダウンロードを選択します。

    Oracle検証済みデータがZIPファイルとしてダウンロードされます。