Oracle概要

Oracle概要では、Oracle環境についての詳しい情報が表示されます。情報は、Oracle Management Optionがインストールされている場合にのみ表示され、その場合には次の表に従って5つのタブに情報が表示されます。

タブ

説明

製品概要

製品概要タブでは、Oracle製品のコンプライアンスやOracleライセンスと関連費用の概要を見ることができます。このタブは2つの部分に分かれています。

推奨事項タブは、Oracle環境の最適化の第一歩となります。情報は2つの部分に分かれています。

  • 推奨事項リスト

    推奨事項リストは、Oracle環境でさらに調査すべきいくつかのデバイスまたはコンピュータに対する推奨事項を表示します。各推奨事項のアイコンの矢印または丸は、前回のスキャン以降、数字が増加した(赤い矢印)または減少した(緑色の矢印)ことを示します。調査すべきコンピュータまたはデバイスのレポートを表示するには、推奨事項をクリックしてください。

  • 発見されたコンピュータの環境概要および ライセンス費用概要のグラフ

    発見されたコンピュータの環境概要グラフは、お使いの環境で、どの程度コンピュータをインベントリされたかを視覚化したものです。コンピュータの正確な数を表示するには、それぞれのバーにポインタを合わせてください。

    ライセンス費用概要グラフは、ライセンス合計費用に関連するOracle発注費を示しています。ここには費用情報のあるライセンス以外は表示されませんのでご注意ください。

製品タブには、お使いの環境にインストールされているすべてのOracleデータベース、Middleware、およびJavaのエディションが表示されます。

データベース、Middleware、またはJavaのエディションの詳細を表示するには、左側のリストから選択します。ビューペインに概要が表示され、インストール数、サーバー数、注文数などの情報が左側のリストに表示されます。次に進むを選択して、データベースのエディション詳細ビュー、Middlewareエディション詳細ビュー、およびJavaエディション詳細ビューでそれぞれの詳細を表示します。

注文とライセンスタブには以下のリストが表示されます。

  • すべての登録済みOracle契約(契約ビュー)

    • 特定の契約の詳細情報を見るには、契約行をクリックして契約詳細ビューに進みます。

    • Oracle契約を一括でインポートする方法については、データをインポートするを参照してください。

    • Oracle契約を追加、編集、削除する方法と、サブ契約を管理する方法を見るには、契約に進みます。

  • 登録されているすべてのOracle注文[a]注文ビュー)

  • すべての仮想マシン、物理サーバー、およびDatacenter/クラスターのライセンスコンプライアンスステータス(ライセンスの割り当てビュー)

  • すべての自動割り当てルール(自動割り当てタブ)

レポートタブでは、利用可能なOracleレポートをすべて表示します。

詳細については、レポートをご覧ください。

Oracle検証済みデータは、Oracle検証済みデータタブからエクスポートできます。

Oracle検証済みデータタブは、デフォルトではすべてのユーザーで利用できないようになっています。

[a] Oracle注文には、特定のOracle購入に関連する顧客の権利詳細(ライセンス数、サポートステータス、関連するメンテナンス契約、製品使用権など)が含まれます。