Skip to main content

Oracleデータベース詳細ビュー

特定のデータベースの詳細を表示するには、以下を実行してください。

  1. Oracle概要製品タブで、該当するOracleデータベースエディションを選択し、データベースを選択します。

    データベースのエディション詳細ビューが表示されます。

  2. 特定のデータベース行をクリックします。

    Oracleデータベース詳細ビューが表示されます。

Oracleデータベース詳細ビューには、インベントリされているデータベースの詳細情報が次の表に示すように表示されます。左側には、データベースがインストールされているサーバーの情報が表示されます。情報は、Oracle Managementオプションのインベントリスキャンが提供するデータに基づいています。

データベースの情報を編集するには、Oracleデータベース詳細ビューの右上にある データベースを編集を選択します。

データベースのエディション詳細ビューまたはOracle概要に戻るには、ページ上部のパンくずのリンクをクリックしてください。

タブ

説明

ユーザータブには、データベースユーザーのリストが表示されます。

使用したオプションタブには、名前、所有者、オプションが使用されているかどうかを示した、インストール済みのOracleオプションのリストが表示されます。

オプション使用状況および所有者情報に関する情報は、使用される大半のオプションで料金が発生するため、ライセンスの観点から重要です。

情報は、Oracle Managementオプションインベントリスキャンが収集したもので、スキャンは、Oracle LMS(License Management Services)のスクリプトに基づいており、LMSガイドラインに従っているため、Oracleとの完全な互換性を確実にします。

オプションが使用済みとしてマークされるかどうかは、多くの照会の結果に基づいて決定されます。詳細を表示するには、リスト内のオプション名の左にある矢印を選択して、オプション行を展開します。照会はグループに分けられています。各グループを展開すると、そのグループの照会、結果の値、そして各照会が開始済みであるかどうかが表示されます。グループ内のすべての照会が開始済みにならないと、グループは開始済みになりません。最低1つのグループが開始済みにならないと、オプションは使用済みとはマークされません。

インストール済み列と使用済み列の値は手動で変更することができます。値の変更は、SnowインベントリOracleスキャナーの結果を調整する必要がある場合に行います。手動で変更した値はレポートに表示されます。

値を手動で変更するには、Oracleデータベース詳細ビューの右上にあるデータベースを変更を選択し、オプションビューで1つまたは複数のオプションのインストール済みおよび使用済みチェックボックスを選択または選択解除します。

オプションの値(1つまたは複数)を手動で変更すると、変更済みであることが変更列に示されます。手動で変更した値は元に戻すこともできます。

タブには、名前、合意の有無、誰が合意したか、いつ合意されたかが示されている付与されたOracle Managementパックのリストが表示されます。

情報は、Oracle Managementオプションインベントリスキャンが収集したもので、スキャンは、Oracle LMS(License Management Services)のスクリプトに基づいており、LMSガイドラインに従っているため、Oracleとの完全な互換性を確実にします。

  • 合意されたもの列:管理パックの合意の有無に関する情報は、合意された管理パックの大半で料金が発生するため、ライセンスの観点から重要です。管理パックの使用をユーザーが合意している場合は、ユーザー列にそのユーザーのユーザー名が表示されます。

  • ユーザー列:Oracle Managementオプションは、管理パックにライセンス付与が必要となる機能の使用状況も検知します。これらは、次のいずれか1つを含むユーザー列で示されます。

    • データベース設定で承諾済み

    • SQLプロフィール使用で承諾済み

付与されたもの列と合意されたもの列の値は手動で変更することができます。値の変更は、SnowインベントリOracleスキャナーの結果を調整する必要がある場合に行います。手動で変更した値はレポートに表示されます。

値を手動で変更するには、Oracleデータベース詳細ビューの右上にあるデータベースを変更を選択し、管理パックビューで1つまたは複数の管理パックの付与されたものおよび合意されたものチェックボックスを選択または選択解除します。

管理パックの値(1つまたは複数)を手動で変更すると、変更済みであることが変更列に示されます。手動で変更した値は元に戻すこともできます。

タブには、使用状況に関する情報が表示されます。

Oracle Managementオプションのインベントリスキャンは、情報がある場合にその情報を収集します。 最新のOracleバージョンでは、より多くの機能の使用状況に関する情報が使用可能です。

注記

機能の使用状況に関する情報は参考としては使用できますが、ライセンス要件のベースとしては有効ではありません。その代わりに、オプション管理パックタブにある情報を使用してください。

インスタンスタブには、このデータベースを使用しているすべてのインストール済みインスタンスが表示されます。