契約のアーカイブと解凍

使用されていない契約や原案段階の契約はアーカイブできます。契約を削除した場合はシステムから完全に消去されますが、アーカイブした場合はデータベースに保存されるため、後で再び参照できます。アーカイブ手順では、結びついているライセンスや契約を一緒にアーカイブすることもできます。

結びついているライセンスや契約を一緒にアーカイブしないと、それらの結びつきは解除されます。契約の契約番号と契約期間がライセンスから切り離されるため、結びつきが解除されたライセンスは不完全となります。

契約を解凍すると、再び有効となって使用されます。解凍手順では、選択した契約と一緒にアーカイブされているライセンスや契約を解凍することもできます。

契約を解凍すると、以前に結びつけられていたライセンスと契約が再び結びつけられます。ただし、ライセンスや契約がすでに別の契約に結びついている場合は、選択した契約に再び結びつけられることはありません。

アーカイブされている契約は、レポートアーカイブ済み契約で表示できます。探し方についてはレポートを探すを参照してください。

契約をアーカイブ

  1. 契約メニューで、すべての契約を一覧表示または契約を検索を選択し、アーカイブする契約を探します。

  2. 契約の行を選択します。

    契約詳細ビューが表示されます。

  3. コンテキストメニューから、契約をアーカイブを選択します。

    契約を選択ビューが表示されます。

  4. アーカイブする契約のチェックボックスをオンにします。

  5. 次へボタンが有効化されている場合は、選択した契約に結びついているライセンスが存在しますので、このボタンを選択します。そうでない場合はステップ 7に進みます。

    ライセンスを選択ビューが表示されます。選択した契約に結びついているライセンスが表示されます。

  6. アーカイブするライセンスのチェックボックスをオンにします。

  7. アーカイブを選択します。

選択した契約とライセンスがアーカイブされ、契約リストビューに戻ります。アーカイブ済みを表示チェックボックスを使用して、アーカイブされている契約をリストに表示するか非表示にするかを選択します。

契約を解凍

  1. 契約メニューから、すべての契約を一覧表示を選択します。

  2. アーカイブ済みを表示チェックボックスを選択します。

  3. 契約の行を選択します。

    契約詳細ビューが表示されます。

  4. コンテキストメニューから、解凍を選択します。

    契約を選択ビューが表示されます。

  5. 解凍する契約のチェックボックスを選択します。

  6. 次へボタンが有効化されている場合は、選択した契約に以前に結びつけられていたライセンスが存在しますので、このボタンを選択します。そうでない場合はステップ 8に進みます。

    ライセンスを選択ビューが表示されます。こちらのリストには、選択した契約に結びついている基本ライセンスとアップグレード済みライセンスがすべて表示されています。

  7. 解凍するライセンスのチェックボックスをオンにします。

  8. 解凍を選択します。

選択した契約とライセンスが解凍され、契約リストビューに戻ります。