組織

組織構造により、コストセンターまたは部門に基づいてソフトウェア資産およびハードウェア資産が分析できます。 組織構造は、Snow Management and Configuration Center(Snow MACC)で作成されます。

企業の最上層部は、通常、法的組織として登録されます。つまり、ソフトウェア資産とハードウェア資産を所有する法人のことです。組織に複数の法的事業体が存在する場合、法的組織ノードが複数になる可能性があります。 法的ではないノード、特に組織ヒエラルキーでさらに下に位置するノードは、非法的組織ノードと称されます。

Snow License Manager内のすべてのコンピュータ、デバイス、ユーザーは、組織ヒエラルキーのノードに帰属しています。 ライセンスは、常に法的組織ノードとして登録されますが、非法的組織ノードに割り当てることも可能です。

自動接続ルール

自動接続ルールは、コンピュータ、デバイス、そしてユーザーを組織構造の正しい場所に自動的に割り当てることにより、組織の管理を容易にします。 これは、例えば、ホスト名、IPアドレス、またはユーザー名に基づき、1つまたは複数のフィルター(ルール)を定義することで達成されます。 自動接続ルールにより、一度で組織構造を設定することができ、それ以降は管理の必要はありません。 自動接続ルールは、Snow MACCで作成されます。

自動接続ルールは、ノードレベルごとに降順で処理されます。1つのレベルのすべてのノードが処理されると、その次のサブノードレベルが処理されます。

数字は、自動接続ルールが適用される順序を示しています。

AutoConnectRulesOrder.png