インポートを実行する

  1. ホームメニューのデータのインポートを選択します。

    データのインポートビューが表示されます。

  2. インポートタイプを選択するとインポートウィザードが起動し、以降のセクションで説明するステップを案内してくれます。

注記

次の各種類のインポート手順について、個別のセクションで説明しています。

データソースをアップロードする

  1. 参照を選択し、インポート元ファイルを選択します。

  2. インポート元ファイルがCSVファイルの場合は、リストから使用済みの区切り記号を選択します。インポート元ファイルがCSVファイル以外の場合は、デフォルト値のままにします。

  3. 次へを選択します。

インポートの設定

  1. 次のセクションに従って、データインポートの設定を管理します。使用可能なインポート設定は、インポートやアップデートのタイプによって異なります。

  2. 次へを選択します。

すべてのインポート/アップデートの設定

新しい組織のアクションリストで、インポート元ファイルには存在するものの、Snow License Managerデータベースには存在しない組織を処理する方法を選択します。 オプションについては、次の表で説明しています。

新しい組織アクションのオプション

説明

何もしない

不明な組織は無視されます。

ただし、インポートに成功するには組織に関する情報が必要です。 フィールドはプレビューステップでハイライトされ、特定の行のデータをインポートすることはできません。

作成

システムはルートのすぐ下(例えば、ROOT/[新しい組織ノード])、または、インポート元ファイルのパス(例えば、ROOT/IT/[新しい組織ノード])に新しい組織ノードを作成します。

コンピュータ更新設定

廃止されたコンピュータアクションリストで、Snow License Managerのデータベースに存在するものの、インポート元ファイルには存在しないコンピュータの処理方法を選択します。 オプションについては、次の表で説明しています。

廃止されたコンピュータアクションのオプション

説明

何もしない

廃止されたコンピュータには何も起こりません。

非アクティブ化

廃止されたコンピュータはすべて、インポート中に非アクティブ化されます。 非アクティブなコンピュータは、インストールされたアプリケーションのライセンスを必要とせず、コンプライアンスの計算には含まれません。

アーカイブ

廃止されたコンピュータはすべて、インポート中にアーカイブされます。 アーカイブされたコンピュータはすべて削除され、現在コンピュータに付随するすべてのライセンスが解放されます。

削除

廃止されたコンピュータはすべて、インポート中に削除されます。 削除されたコンピュータはシステムから削除されます。これにより、すべてのコンピュータの詳細が削除され、ユーザー、契約、ライセンスなどの添付ファイルがすべて解放されます。

インポート中にアーカイブまたは削除されたコンピュータは復元できません。 データベースにすべてのコンピュータが含まれていないインポートファイルがある場合は、システムから本当に削除したい場合のみ、 アーカイブまたは 削除を選択します。

注記

Snow MACCの構成設定によって、廃止されたコンピュータアクションをデータベース内の特定のコンピュータに限定することができます。

カスタムオブジェクト更新設定

オブジェクトタイプリストで、更新されるオブジェクトタイプを指定します。 オブジェクトタイプに応じて、 フィールドマッピングで様々な出力先フィールドが使用可能になります。

ライセンス割り当てのインポート設定

割り当てアクションリストで、ライセンス上の既存の割り当てに追加するか、完全に交換するかを選択します。

ソースフィールドと移行先フィールドのマッピング

インポートファイルの列ヘッダーを、Snow License Manager内の対応する出力先フィールドにマッピングします。入力必須フィールドにはアスタリスク(*)が付けられており、インポート元ファイルに含める必要があります。マッピングされるフィールドは、インポートや更新のタイプによって異なります。

ソースファイルにヘッダーがない場合は、代わりにインデックスによるマッピングを使用できます。

識別子のマッピングと構成

更新された情報を正しいアイテムにマッピングするには、識別子を選択する必要があります。インポートファイルの表示方法に応じて、ファイルのヘッダーを使用して識別するか、インデックスによるマッピングを行うかを選択します。

識別子のマッピングと構成を行うには、以下を実行してください。

  1. インデックスによるマッピングを行うには、インデックスによるマッピングのチェックボックスをオンにします。

  2. 右側の識別子をマッピングの移行先リストで、識別子を選択します。

  3. 左側の識別子をマッピングソースリストで、選択した識別子に関する情報がある列ヘッダーまたは列の位置を選択します。

  4. データ値の先頭または末尾のスペースを削除するには、先頭または末尾の空白を削除するのチェックボックスをオンにしてください。

フィールドマッピングオプションのマッピングと構成

  1. フィールドマッピングを構成するには、フィールド名の右側にあるマッピングMappingアイコンをクリックします。

    ダイアログボックスが表示されます。

  2. データ値の先頭または末尾のスペースを削除するには、先頭または末尾の空白を削除するのチェックボックスをオンにしてください。

  3. インデックスによるマッピングを行うには、インデックスによるマッピングのチェックボックスをオンにします。

  4. ソースフィールドに値がない場合は、インポートするデフォルト値を入力します。

  5. 必要に応じて、すべてのインポートされた値の前に追加する接頭辞(テキストや番号)を入力します。これは、異なるサイトからオブジェクトを分離するのに使用できます。例えば、「SE_」と入力して、サイトSwedenにあるすべてのコンピュータの前に追加します。

  6. 既存のアイテムの更新には、既存のカスタムフィールドのオプションが含まれています。空の値のアクションリストで、データベースの更新時に、ソースファイル内の空のフィールドをシステムが処理する方法を選択します。

    • 更新しない — データベースは更新されません。

    • 値を削除 — データベースは空の(空白)値で更新されます。

      注記

      デフォルト値が定義されている場合、上記の通り、空の値のアクションは適用されません。

  7. 保存を選択します。フィールド名の右側にあるマッピングアイコンは、設定が行われたことを示す感嘆符MappingSetで置き換えられます。

  8. ソースリストで、選択した出力先フィールドの情報がある列ヘッダーまたは列の位置を選択します。

  9. フィールドのマッピングごとに上記の手順を繰り返します。

  10. 次へを選択します。

インポートされたデータのプレビュー

インポートされたデータのプレビューでは、次の表に示すとおり、エラー、不足している情報、予想と異なるデータが色付きでハイライトされます。

フィールドの色

説明

不完全なライセンス機能がアクティブになっている(Snow MACCで実行されます)場合、必要な情報が不足しているフィールドは黄色でハイライトされます。

競合や無効な値などのエラーは赤でハイライトされます。 赤でハイライトされたフィールドを持つ行はインポートされません。

無効な行があってもインポートや更新を続行することができます。 ただし、ハイライトされていない行または黄でハイライトされている行のみインポートされます。

データをプレビューするには、以下を実行してください。

  1. ハイライトされたフィールドの詳細を表示するには、フィールドをポイントで示します。

  2. プレビュー全体をExcelファイルにエクスポートするには、すべての行をエクスポートするを選択します。

  3. エラーのある行のみをエクスポートするには、無効な行をエクスポートするを選択します。エラーや警告の説明がファイルに含まれます。これは、適切なフィールドと内容でソースファイルを正しく作成するのに役立ちます。

  4. 戻ってフィールドのマッピングとインポート設定を修正するには、前へを選択します。

  5. インポートを開始するには、次へを選択します。

インポート

インポートの進行状況が表示されます。

  • 完了したら、完了を選択します。