Oracleライセンスの割り当て解除

ユーザーは、複数のOracleライセンスの割り当てを同時に解除できます。Oracleライセンスの割り当てを一括で解除できるのは、ライセンス管理者役割のメンバーであるユーザーのみです。

ライセンスの割り当ては、注文、製品、コンピュータ(仮想および物理)、Datacenters/クラスターから解除できます。

1つまたは複数の注文からのライセンス割り当ての解除

  1. Oracle概要権利タブを選択します。

  2. 注文ビューを選択します。

  3. ライセンスの割り当てを解除する注文のチェックボックスをオンにします。

  4. ライセンスの割り当て解除を選択します。

  5. 選択した注文を表示するには、注文を選択して新しいタブで開きます。

  6. ライセンスの割り当て解除を選択します。

1つまたは複数の製品からのライセンス割り当ての解除

  1. Oracle概要権利タブを選択します。

  2. 注文ビューを選択します。

  3. 注文を選択します。

  4. 製品タブを選択します。

  5. ライセンス割り当ての管理を選択します。

  6. ライセンスの割り当てを解除する製品のチェックボックスをオンにします。

  7. 選択した製品からライセンス割り当てを解除を選択します。

1つまたは複数のコンピュータ/Datacenter/クラスターからのライセンス割り当ての解除

  1. Oracle概要権利タブを選択します。

  2. ライセンスの割り当てビューを選択します。

  3. 仮想マシン物理サーバー、またはDatacentersを選択します。

  4. ライセンス割り当ての管理を選択します。

  5. ライセンスの割り当てを解除するコンピュータ/Datacenter/クラスターのチェックボックスをオンにします。

  6. ライセンスの割り当て解除を選択します。

1つのコンピュータ/Datacenter/クラスターからのライセンス割り当ての解除

  1. Oracle概要権利タブを選択します。

  2. ライセンスの割り当てビューを選択します。

  3. 仮想マシン物理サーバー、またはDatacentersを選択します。

  4. コンピュータ/Datacenterを選択します。

  5. コンプライアンス準拠コンプライアンス非準拠製品の問題などのラベルを選択します。

    画面の左側に次のような画像が表示されます。

    oracle_compliant.png
  6. 割り当てを解除するライセンスタイプのチェックボックスをオンにします。

  7. 割り当て解除を選択してアクションを確認します。