レポートをファイルにエクスポートする

レポートは、レポートビューから直接ファイルにエクスポートできます。これは、大きなレポートを処理する場合に特に便利です。また、レポート詳細ビューからレポートをエクスポートすることもできます。

Microsoft Excelファイル(XLS/XLSX)にエクスポートする場合の利点は、値だけを表示するのではなく、サマリーや数などの標準Excel式を使用することです。

注記

Excelでは、数式について最大256個の引数の制限があります。 このため、引数が256より大きい数式の場合、値はエクスポートファイルに表示されます。

  1. すべてのレポートビューで、エクスポートするレポートの横にあるダウンロードDownload2.jpgアイコンをクリックします。

    ファイルにエクスポートダイアログボックスが表示されます。

  2. 必要に応じて、レポートの名前説明を変更します。

  3. エクスポートするファイルのタイプ(CSV、PDF、XLS/XLSX、またはXML)をリストから選択します。

  4. 保存をクリックすると、ファイルがエクスポートされます。

エクスポート済みレポートファイルを表示する

エクスポートされたすべてのファイルのリストを表示するには、以下を実行してください。

  • すべてのレポートビューでレポートファイルを選択します。

レポートファイルをダウンロード、変更、または削除するには、次の表の操作を実行します。

アイコンをクリックして

以下を実行してください。

Download.png

レポートファイルをダウンロードしてください。

EditBlue

エクスポートファイルの名前や説明を変更します。

RemoveWhite

レポートファイルを削除します。

レポートの詳細ビューからのエクスポート

  1. すべてのレポートビューで、表示するレポートの名前をクリックします。

    レポート詳細ビューが表示されます。

  2. レポートを表示をクリックします。

  3. コンテキストメニューで、エクスポートをポイントし、エクスポートするファイルの種類(CSV、PDF、XLS/XLSX、またはXML)をクリックします。

    エクスポートされたレポートは、Webブラウザでダウンロードしたファイルとして使用できます。

  4. 保存を選択すると、ファイルがエクスポートされます。