Oracleデータベース製品

Oracleのライセンスは、難解なルールや依存関係があり複雑です。 正しくライセンスを得ているかを判断するには、お使いのIT環境でどのOracle製品がインストールされ使用されているか、また、Oracleを実行しているサーバーのハードウェア構成について正確に知る必要があります。 また、Oracle契約と注文に対し完全なコントロールがあることも必要です。

Oracle Managementオプション(OMO)は、Oracleデータベース製品の資産管理のためにSnow Softwareが開発した製品です。 Oracle Managementオプションのインベントリは、Oracleの全製品とデータベースのインスタンスに関するサプライ情報を自動的にスキャンします。 スキャンは、Oracle LMS(License Management Services)のスクリプトに基づいており、LMSガイドラインに従っているため、Oracleとの完全な互換性を確実にします。 インベントリスキャンの結果は、SLM Web UIに表示されます。

インベントリスキャンが必要な情報を自動的に提供する一方、Oracle契約と注文はすべて、手動で登録しなければいけません。 また、Oracle注文をOracleのサーバーに手動で関連付けることも必要です。 登録プロセスに関する手順を追った指示については、 Oracle購入の登録を参照してください。

Oracleデータベース製品に対しては、Snow License Managerは自動的なコンプライアンス計算を行いません。 しかし、すべての情報が1か所に収められているため、該当するOracleライセンスは、法的なコンプライアンスを確実に満たすため、展開、注文、オプション、管理パックに関する正確かつ最新の情報常に確実に入手することができます。 Snow License Managerは、ライセンスでカバーされていないOracleサーバーに対する専用のレポートとアラートによるコンプライアンス分析プロセスをサポートします。 また、Oracle Server Worksheet(OSW)などの宣言をOracleに提出する際に必要なフォーマットで、レポートを作成したりエクスポートしたりすることも可能です。