ライセンス購入を追加

Snow License Managerからの正確な準拠表明を達成するには、ライセンス購入の登録が重要です。

ライセンス購入の登録を完了するためには、Snow License Managerでは、アプリケーション、ライセンス数、メトリックなど、特定の情報を入力する必要があります。 また、システム管理者が定義したライセンスポリシーがあり、より多くのフィールドを入力必須にしている場合があります。

新しいライセンス購入を追加するには、以下を実行してください。

  1. 次のいずれかの手順を実行します。

    • アプリケーションに移動し、コンテキストメニューでアプリケーションライセンスを追加をクリックします。

    • ライセンスメニューから、ライセンスを追加をクリックします。

    ライセンスを追加ビューが表示されます。ライセンスがアプリケーションライセンスとして追加された場合、正しいアプリケーションが購入タブであらかじめ選択されています。

  2. 次のセクションに従ってタブのフィールドに情報を入力してください。

  3. 保存をクリックします。

ライセンスのコピー方法の詳細については、ライセンス購入をコピーを参照してください。

購入タブ

ライセンス購入に関する情報を入力するには、購入タブを使用します。

  1. 購入日を入力します。

    この日付は、利用可能な契約を確認する目的でシステムが使用します。

  2. リストからライセンスの所有者である法的組織を選択します。

    各ライセンス購入につき選択できる法的組織は1つだけです(通常は組織のトップレベル)。

    自動割り当てを有効にすると、選択した組織レベルからライセンスが割り当てられます。

  3. 購入価格を入力し、リストから通貨を選択します。

    通貨は、デフォルトの表示通貨に対応する必要はありません。

    新しい通貨はSnow MACCに追加されます。

  4. 請求書のリファレンスを入力してください。

  5. ライセンスの購入が適用されるアプリケーションがまだ選択されていない場合は、以下の手順で選択します。

    1. 検索SearchIcon2アイコンをクリックします。

      アプリケーションを検索ダイアログボックスが表示されます。

    2. アプリケーション名またはSKUで検索する場合に選択します。

    3. 検索条件を入力し、検索をクリックします。

    4. 表示されたリストでアプリケーションを選択し、OKをクリックします。

    5. 該当する場合は、リストからストックキーピングユニット(SKU)を選択します。

      新しい通貨はSnow MACCに追加されます。

  6. ライセンスが契約の一部である場合は、次の手順を実行します。

    1. リストから契約を選択します。

      契約期間は、契約テキストボックスの右側に表示されます。

    2. 購入日が選択した契約期間内であることを確認します。

    契約が利用できない場合は、次のいずれかの理由が考えられます。

    • ライセンス購入日が契約期間内ではありません。

    • 契約は有効期限切れとなっており、その契約で有効期限後に選択可能オプションが有効になっていません。

    • 契約がまだ作成されていません。

  7. 数量ボックスに、購入に含まれるライセンスの数を入力します。

    このボックスは、新規および不完全なライセンスに対してのみ編集可能です。

  8. リストからメトリックを選択します。

    ライセンスで使用可能なメトリックは、アプリケーションのメトリックによって変わります。

  9. メトリックがインストールまたはユーザーの場合は、リストから割り当てタイプを選択します。

    選択した割り当てタイプに応じて、割り当てタブで、組織コンピュータ/Datacenterユーザー、またはサイトへの割り当てを行う必要があります。割り当てタイプに関する詳細については、割り当てタイプを参照してください。

  10. ライセンスがダウングレード権で購入されている場合は、ダウングレード権チェックボックスをオンにします。

  11. ライセンスがアップグレードライセンスである場合は、ライセンスをアップグレードするチェックボックスをオンにします。選択すると、基本ライセンスタブが追加で表示されます。

  12. ライセンスがファミリー内(同一バージョン)で、アプリケーションと同じかそれより低いエディションのアプリケーションのカバレッジを許可している場合は、クロスエディション権チェックボックスをオンにします。

  13. インストールされているオペレーティングシステムに関係なく、ライセンスがファミリー内(同一バージョン)、および同一エディションのアプリケーションのカバレッジを許可している場合は、クロスプラットフォーム権チェックボックスをオンにします。

  14. ライセンスがサブスクリプションライセンスの場合は、ライセンスにはサブスクリプション期間がありますチェックボックスをオンにしてから、開始および終了カレンダービューを使用してサブスクリプション期間を入力します。

メンテナンスとサポートタブ

このライセンスのメンテナンスおよびサポートの期間および費用を登録するには、メンテナンスとサポートタブを使用します。

ライセンス購入が契約の一部であり、かつ、アプリケーションのアップグレード権があるSKUを持っている場合、契約に従うSKUに基づいてアップグレード権を使用するの両方がオプションとして使用できます。ただし、選択できるオプションは1つだけです。

注記

期間開始日および期間終了日の情報が必要です。これらの情報がなければ、ライセンス購入が不完全として登録されます。

期間およびアップグレード権を手動で追加する

  1. 期間を追加をクリックします。

    入力フィールドがある行が表に追加されます。

  2. 期間開始日および期間終了日をカレンダーから選択します。

  3. 参照とコメント(オプション)には、請求書のリファレンスメモのテキストボックスを使用します。

  4. ライセンスにアプリケーションのアップグレード権が含まれている場合は、アップグレード権リストからはいを選択します。

  5. 必要に応じて、サポート費用メンテナンス費用テキストボックスを使用して現在の費用を指定できます。

既存の契約の期間およびアップグレード権の使用

  1. 契約期間に従うのオプションを選択します。

    入力フィールドがある1つまたは複数の行が表に追加されます。ここで、期間開始日および期間終了日の日付は、契約からすべてのアプリケーションのアップグレード権とともに取り込まれます。

  2. 参照とコメント(オプション)には、請求書のリファレンスメモのテキストボックスを使用します。

  3. 契約にはアプリケーションのアップグレード権が含まれていないものの、ライセンス購入には含まれている場合は、アップグレード権リストからはいを選択します。

  4. 必要に応じて、サポート費用メンテナンス費用テキストボックスを使用して現在の費用を指定できます。

SKUからアップグレード権を使用する

  1. SKUに基づいてアップグレード権を使用するオプションを選択し、期間を追加をクリックします。

    入力フィールドがある行が、アプリケーションのアップグレード権がSKUから取り込まれる表に追加されます。

  2. 期間開始日および期間終了日をカレンダーから選択します。

  3. 参照とコメント(オプション)には、請求書のリファレンスメモのテキストボックスを使用します。

  4. 必要に応じて、サポート費用メンテナンス費用テキストボックスを使用して現在の費用を指定できます。

割り当てタブ

ライセンスに選択した割り当てタイプに応じて、組織コンピュータ/Datacenterユーザー、またはサイトへの割り当てを行う必要があります。割り当てタイプは、購入タブで選択します。割り当てタイプは割り当てタイプで定義されています。

割り当てタイプ:組織

ライセンス購入の自動割り当てを選択するには、以下を実行してください。

  1. 各コンプライアンス計算で、組織内の実際のニーズに基づいてライセンスを自動的に割り当てるには、自動割り当てチェックボックスをオンにします。

  2. ライセンスを1回だけ割り当て、その後その割り当てを保持するには、最初の計算後に自動割り当てを無効にするのチェックボックスをオンにします。

ライセンス購入の手動割り当てを選択するには、次の手順を実行します。

  1. 自動割り当てのチェックボックスをオフにします。

  2. リストから一度に1つの組織ノードを選択し、OKをクリックします。

    法的組織レベルは常にデフォルトとして追加されます。

  3. 組織ノードを追加するには、追加をクリックします。

  4. 各組織ノードに割り当てられたライセンスの数量を入力します。

割り当てタイプ:コンピュータ/Datacenter

購入したライセンスを1台以上のコンピュータに割り当てるには、以下を実行してください。

  1. 追加をクリックします。

    検索のダイアログボックスが表示されます。

  2. コンピュータ/Datacenterを検索するには、以下を実行してください。

    1. 必要に応じて、検索条件を入力します。

    2. 必要に応じて、検索をフィルタリングするには、その他のオプションをクリックして、次の表に従ってチェックボックスをオンにします。

      注記

      検索機能の出発点は、ライセンスで選択された使用権に基づいて、ライセンスの割り当てが可能なアプリケーションがインストールされているすべてのマシンを見つけることです。考慮される使用権は、ダウングレード権、アップグレード権、クロスプラットフォーム権およびクロスエディション権です。検索結果を絞り込むには、フィルターオプションを検索に追加します。

      フィルターオプション

      説明

      物理

      アプリケーションがインストールされているすべての物理マシンと、アプリケーションがインストールされている仮想マシンをホストしているすべての物理マシンの両方を表示します。

      仮想

      アプリケーションがインストールされているすべての仮想マシンを表示します。

      Datacenter/クラスター

      アプリケーションがインストールされている物理マシンまたは仮想マシンをホストしているすべてのDatacenterまたはクラスターを表示します。

      アプリケーションがインストールされているVMをホストしているマシンのみ表示

      アプリケーションがインストールされている仮想マシンをホストしているすべての物理マシン、Datacenter、およびクラスターを表示します。

      アプリケーションファミリーがインストールされているVMをホストしているマシンのみ表示

      アプリケーションを持つ、または同じアプリケーションファミリーからのアプリケーションがインストールされている仮想マシンをホストしているすべてのDatacenter、クラスター、および物理マシンを表示します。

      ライセンスが必要なマシンのみ表示

      コンプライアンスを満たさず、ライセンスが必要なアプリケーションがインストールされているすべてのマシン*を表示します。

      *物理マシン、仮想マシンをホストしている物理マシン、物理マシンまたは仮想マシンをホストしてるDatacenterまたはクラスター

      使用権を無視する

      すべてのDatacenter、クラスター、物理マシンと仮想マシンを表示します。

      アプリケーションがまだインストールされていないマシンを見つけてライセンスを割り当てるには、このオプションを使用します。

      74.

      ユーザーは、アプリケーションがインストールされており、現在はライセンスの対象外であるすべての物理マシンを検索したいと考えています。マシンは仮想マシンをホストする必要があります。物理マシンを検索するには、次のフィルターオプションを選択します。

      • 物理

      • アプリケーションがインストールされているVMをホストしているマシンのみ表示

      • ライセンスが必要なマシンのみ表示



      75.

      ユーザーは、アプリケーションがインストールされており、現在はライセンスの対象外である、仮想マシンを1台以上ホストしているすべてのDatacenterを検索したいと考えています。Datacenterを検索するには、次のフィルターオプションを選択します。

      • Datacenter

      • アプリケーションがインストールされているVMをホストしているマシンのみ表示

      • ライセンスが必要なマシンのみ表示



      76.

      ユーザーは、アプリケーションがインストールされており、現在はライセンスの対象外であるすべての仮想マシンを検索したいと考えています。仮想マシンを検索するには、次のフィルターオプションを選択します。

      • 仮想

      • ライセンスが必要なマシンのみ表示



      77.

      ユーザーは、アプリケーションがまだインストールされていないすべての仮想マシンを検索したいと考えています。仮想マシンを検索するには、次のフィルターオプションを選択します。

      • 仮想

      • 使用権を無視する



    3. 検索をクリックします。

  3. 検索結果リストで、チェックボックスを使用してコンピュータを選択し、追加をクリックします。

  4. 各コンピュータに、割り当て済みライセンスの数を入力します。

    ライセンス合計数割り当て済み合計数残り合計数は、割り当て済みライセンスの数によって変わります。

  5. VM使用権を持つライセンスの場合、仮想インスタンスを持つホストのVM使用権を設定します。

    1. 変更をクリックします。

      VM使用権のダイアログボックスが表示されます。

    2. ライセンスの購入条件を満たすオプションをクリックします。

    3. 閉じるには、VM使用権ダイアログボックスの外をクリックします。

      これで、VM使用権が無制限または任意(数)の仮想インスタンスに設定されました。

  6. 無制限または任意(数)設定を無効にして、特定の仮想インスタンスにVM使用権を割り当てるには、次の手順を実行します。

    1. ホストコンピュータのVM使用権セルをクリックします。

      ダイアログボックスが表示されます。

    2. 必要に応じて、仮想インスタンスのリストをフィルタリングします。

    3. ライセンスに割り当てられる仮想インスタンスを選択するには、チェックボックスを使用します。

    4. OKをクリックします。

VM使用権に関する詳細については、VM使用権を参照してください。

割り当てタイプ:ユーザー

  1. ユーザー名氏名組織ボックスに検索条件を入力し(%はワイルドカード文字として使用できます)、検索をクリックします。

    検索結果のダイアログボックスが表示されます。

  2. ライセンスを添付するユーザーを選択し、追加をクリックします。

    選択されたユーザーは、現在の付与ウィンドウに移動されます。

  3. 割り当てられたユーザーを削除するには、現在の付与ウィンドウでユーザーを選択し、削除をクリックします。

    選択されたユーザーは、現在の付与ウィンドウから削除されます。

割り当てタイプ:サイト

購入したライセンスを1台以上のサイトに割り当てるには、以下を実行してください。

  1. リストをクリックし、サイトを選択します。

  2. OKをクリックし、追加をクリックします。

  3. 割り当てられたライセンスの数を入力します。

  4. 割り当てるサイトすべてにこの手順を繰り返します。

情報タブ

ライセンス購入に関する情報をさらに追加するには、情報タブを使用します。情報タブで入力した情報は、列セレクタを使用して、一覧表示、検索、レポートの検索条件として使用できます。

  1. 発注書IDまたはシステムIDなど、ライセンスの外部ID(SLMの外部)を入力します。

    注記

    Snow MACCで基本設定LICENSE_EXTID_CHECKが有効になっている場合、この値を使用して、一括インポート実行時にライセンスの購入記録の重複を回避できます。

  2. ベンダーボックスにベンダーを入力します。

  3. ライセンス証明の保存先に情報を入力します。

  4. メディアストレージのインストールに情報を入力してください。

  5. ライセンス購入に関連付けられているシリアル番号/ライセンスキーを入力します。

  6. コメントにはメモテキストボックスを使用します。

ドキュメントタブ

ドキュメントタブでは、ドキュメントを追加をクリックし、ライセンスに関連するドキュメントをアップロードする、あるいはリンクを追加することができます。

詳細については、ドキュメントとリンクの管理を参照してください。

カスタム情報タブ

カスタム情報タブを使用し、ライセンスカテゴリで必須のカスタムフィールドに情報と値を入力します。

詳細については、カスタムフィールドを参照してください。

基本ライセンスタブ

基本ライセンスタブは、購入タブライセンスをアップグレードするのチェックボックスがオンになっている場合にのみ使用できます。

基本ライセンスを追加するには、以下を実行してください。

  1. 追加をクリックします。

    ライセンスを検索のダイアログボックスが表示されます。

  2. 検索条件を入力し、検索をクリックします。

  3. チェックボックスをクリックし、1つ以上の基本ライセンスを選択してから、OKをクリックします。

  4. アップグレードするライセンスの数をアップグレード列に入力します。

注記

アップグレードに使用できる基本ライセンスの数が十分でない場合、ライセンス購入は、保存されると不完全としてマークされます。