Microsoft Office 365

Microsoft Office 365概要には、クラウドサービスのサブスクリプションプラン、ユーザー、サブスクリプション、費用に関する詳細情報が表示されます。 情報を分析して、ユーザーに割り当てられていないサブスクリプションの数やこれらのサブスクリプションの費用などを確認できます。

情報は、Snow Integration Connectorを通じてMicrosoft Office 365ポータルからインポートされます。詳細は、 Microsoft Office 365 Connectorのユーザーガイドを参照してください。

Microsoft Office 365概要に関する情報は、 コンテンツタブにまとめられています。 各コンテンツタブでは、ユーザーは、グラフを使用すると一定期間中の情報を分析でき、表を使用すると最終インポートより後の詳細情報を分析できます。

次の表は、Microsoft Office 365のコンテンツタブについて説明します。

コンテンツタブ

説明

合計ユーザー

グラフを使用すると、過去12か月間の Microsoft Office 365ユーザー合計数を把握できます。

表は、最終インポート以降のMicrosoft Office 365内の すべてのユーザーをサブスクリプションプランごとに表示します。 アクティビティグラフは、サブスクリプションプランに含まれるサブスクリプションをユーザーが最後に使用した時のプレビューを表示します。

サブスクリプションプランをクリックし、プランの情報を分析します。例えば、

割り当て済みのサブスクリプション

グラフを使用すると、ユーザーは過去12か月間の 利用可能なサブスクリプション割り当て済みのサブスクリプション失効するサブスクリプション合計サブスクリプションの合計数を比較できます。

表には、サブスクリプションプラン、利用可能なサブスクリプションの数、割り当て済みのサブスクリプションの数、失効するサブスクリプションの数、最終インポート以降のサブスクリプション合計数が表示されます。

1か月あたりの合計費用

グラフを使用すると、ユーザーは過去12か月間の使用可能なサブスクリプション割り当て済みのサブスクリプションの費用を比較できます。

表には、サブスクリプションプランと最終インポートより後の関連費用が表示されます。

注記

累計費用合計は、過去12か月間のサブスクリプションプランの費用合計です。

注記

Snow License Managerは、Microsoft Office 365ポータルから、サブスクリプション合計数とユーザーに割り当てられたサブスクリプションの数に関する情報をインポートします。 ただし、ポータルにはMicrosoft Office 365サブスクリプションの費用に関する情報はありません。 そのため、費用を分析するには、Snow License Managerにコスト期間を追加する必要があります。 コスト期間の追加方法は、 コスト情報の編集を参照してください。

Snow License ManagerユーザーとMicrosoft Office 365ユーザーのリンク

Snow License ManagerでMicrosoft Office 365の機能を最大限に活用するには、インベントリソースから収集した既存のユーザーと、Microsoft Office 365のポータルユーザーを一致させる必要があります。Microsoft Office 365 Pro PlusやProject、Visio Pro for Microsoft Office 365などのオンプレミスアプリケーションの使用状況を、対応するユーザーおよびサブスクリプションプランにつなげることができます。また、Microsoft Office 365に含まれるアプリケーションのライセンスの対象であることを自動的に検出するには、Snow License ManagerユーザーをMicrosoft Office 365ユーザーにリンクさせる必要があります。

各Office 365サブスクリプションにリンクする必要のあるユーザーを見るには、以下を実行してください。

  1. Microsoft Office 365の概要と合計ユーザータブで、分析したいサブスクリプションプランの行をクリックします。

    このサブスクリプションプランに割り当てられているエステート内のすべてのユーザーのリストが表示されます。

  2. リンクされていないユーザーをクリックしてください。

Snow Inventory 5を使用したユーザーのリンク

Snow Inventory 5が使用されている場合、Snow Inventory Admin ConsoleActive Directoryユーザディスカバリを有効にし、Snow License ManagerユーザーとMicrosoft Office 365ユーザーをリンクさせてください。Active Directoryデータは、Microsoft Office 365のポータルデータと一致させるために使用されます。Active Directoryユーザー探索を有効にする方法の詳細は、Snow Inventory Admin Consoleのユーザーガイドを参照してください。

Snow Inventory 5を使用しないユーザーのリンク

Snow Inventory 5が使用されていない場合、ユーザーのアップデートをインポートすることによって、Snow License ManagerユーザーをMicrosoft Office 365ユーザーとリンクさせます。

  1. 対応するMicrosoft Office 365ユーザーと一致させたいSnow License Managerユーザーのリストを探し、エクスポートします。

    Snow License Managerユーザーは、すべてのユーザーレポートまたはすべてのユーザーを一覧表示ビューで見ることができます。

  2. ユーザー名以外のすべての列を削除し、Office 365 UPNという列をユーザーのエクスポートに追加します。各ユーザーに一致するMicrosoft Office 365ユーザープリンシパル名を追加します。

    Microsoft Office 365ユーザーは、Microsoft Office 365概要またはMicrosoft Office 365ポータルのユーザータブで見ることができます。

  3. データをインポートするに従い、既存ユーザーをアップデートすることによって、データをインポートします。

    フィールドのマッピングステップで、 Office 365 UPNフィールドがメールアドレスフィールドにマッピングされていることを確かめてください。

次回のMicrosoft Office 365コネクタのインポート時に正しくマッピングされているユーザーがリンクされます。インポートは、Snow Integration Managerユーザーインターフェースで手動で開始することもできます。

注記

Microsoft Office 365ユーザーにリンクしていないSnow License Managerユーザーが80%未満である場合、リンクしているユーザーの比率を示す情報メッセージが表示されます。

リンクしたユーザー数を増加させる方法についての詳しい情報を表示するには、詳細をクリックし、指示に従ってください。

Microsoft Office 365データを分析

Microsoft Office 365の概要は、Microsoft Office 365データの分析に使用できます。例えば、概要を使用して、サブスクリプションプランを使用していないユーザー、サブスクリプションプランを別のサブスクリプションプランに切り替えるべきユーザー、特定のサブスクリプションプランのコストを検索できます。

サブスクリプションプランを使用していないユーザーを検索する

  1. Microsoft Office 365の概要と合計ユーザータブで、分析したいサブスクリプションプランの行をクリックします。

    このサブスクリプションプランに割り当てられているエステート内のすべてのユーザーのリストが表示されます。

  2. リンクされていないユーザーをクリックして、ユーザーのリストをフィルタリングします。

    どのインベントリソースの既存のユーザーともリンクされていないユーザーのリストが表示されます。

  3. リンクされていないユーザーを調査し、ユーザーがリンクされていない理由を調べます。

    リンクしていないユーザーについての詳しい情報は、Snow License ManagerユーザーとMicrosoft Office 365ユーザーのリンクをご覧ください。

  4. 最終アクティブの列で、ユーザーのリストをフィルタリングします。

  5. アクティビティがない、例えば30日以上アクティビティがないユーザーを分析します。

Microsoft Office Plan E3からE1に切り替える必要のあるユーザーを検索します

Microsoft Office 365 Plan E1のサブスクリプションプランがあるユーザーは、デスクトップ版のMicrosoft Officeアプリケーションをインストールすることはできません。Microsoft Office 365 Plan E3のサブスクリプションプランがあるユーザーは、デスクトップ版のMicrosoft Officeアプリケーションをインストールすることができます。

最近のアプリケーションアクティビティのデータをフィルタリングすると、Microsoft Office 365 Plan E3からMicrosoft Office 365 Plan E1に切り替える必要のあるユーザーを検索できます。また、退職し、既にサブスクリプションプランを持っていないユーザーも検索できます。

Microsoft Office Plan E3からE1に切り替える必要のあるユーザーを検索するには、以下を実行してください。

  1. Microsoft Office 365概要と合計ユーザータブで、Microsoft Office 365 Plan E3の行をクリックします。

    Microsoft Office 365 Plan E3のサブスクリプションプランに割り当てられているエステート内のすべてのユーザーのリストが表示されます。

  2. リンクされていないユーザーをクリックして、ユーザーのリストをフィルタリングします。

    どのインベントリソースの既存のユーザーともリンクされていないユーザーのリストが表示されます。

  3. リンクされていないユーザーを調査し、ユーザーがリンクされていない理由を調べます。

    注記

    ユーザーがインベントリソースにリンクされていない場合、ユーザーがインストールされているデスクトップバージョンのMicrosoft Officeアプリケーションを使用しているかどうかを判断することはできません。

    リンクしているユーザーについての詳しい情報は、Snow License ManagerユーザーとMicrosoft Office 365ユーザーのリンクをご覧ください。

  4. アプリケーションの使用状況をクリックすると、各ユーザーが使用しているアプリケーションについての詳しい情報が表示されます。

  5. 最終アクティビティの列では、各アプリケーションのユーザーのリストがフィルターされます。 

  6. E3からE1プランに移行すべきユーザーと、サブスクリプションプランが必要でなくなったユーザーを調べます。

サブスクリプションプランごとのコストを分析

  1. Microsoft Office 365概要で、次のいずれかを実行します。

    • 合計ユーザータブで、分析したいサブスクリプションプランの行をクリックし、今月の総費用タブをクリックします。

    • 今月の総費用タブで、分析したいサブスクリプションプランの行をクリックします。

  2. 今月の総費用タブで、利用可能なサブスクリプションライセンスの費用、アクティビティのないユーザーの費用、累計費用合計などの合計費用を分析します。

Microsoft Office 365サブスクリプションプランを最適化

MicrosoftのカテゴリにあるMicrosoft Office 365のユーザーアクティビティとサブスクリプションプランごとの費用レポートは、Microsoft Office 365サブスクリプションプランの最適化のための入力として使用できます。レポートには、例えば次の情報が含まれます。

  • Microsoft Office 365ポータルからのすべてのデータ

  • サブスクリプションプランの費用

  • ユーザーアクティビティ

  • ユーザーがインベントリされたユーザーにリンクされているかどうか

Microsoft Office 365サブスクリプションプランの管理

Microsoft Office 365概要は、Microsoft Office 365サブスクリプションプランを割り当てられているユーザー、ユーザーの使用状況についての詳しい情報を表示します。コストを最適化し、管理しやすくするため、Snow License Managerにサブスクリプションプランを追加したり、Snow License Managerから削除したりすることができます。

注記

Automation book Office 365 Automationがインポートされている場合のみ、Snow License Managerにサブスクリプションプランを追加したり、Snow License Managerから削除したりすることができます。詳細情報については、ドキュメントAutomation book Office 365 Automationを参照してください。

サブスクリプションプランの追加

  1. サブスクリプションプランのコンテキストメニューから、ユーザーにサブスクリプションプランを追加をクリックします。

    AddRemoveSubscriptionPlan.png

    サブスクリプションプランの追加ビューが表示されます。

  2. ユーザーのリストで、このサブスクリプションプランを追加すべきユーザーのサブスクリプションプランの追加をクリックします。

  3. プレビューおよび終了をクリックします。

    選択したユーザーの概要が表示されます。

  4. ユーザーを確認します。

  5. ユーザーを概要から削除するには、元に戻すをクリックします。

  6. 追加をリクエストをクリックします。

    サブスクリプションプランの追加を保留しているユーザーの概要が表示されます。リクエストが自動化プラットフォームによって処理されると、サブスクリプションプランが追加されます。

サブスクリプションプランの削除

  1. サブスクリプションプランのコンテキストメニューから、ユーザーからサブスクリプションプランを削除をクリックします。

    サブスクリプションプランの削除ビューが表示されます。

  2. ユーザーのリストで、このサブスクリプションプランから削除すべきユーザーのサブスクリプションプランの削除をクリックします。

  3. プレビューおよび終了をクリックします。

    選択したユーザーの概要が表示されます。

  4. ユーザーを確認します。

  5. ユーザーを概要から削除するには、元に戻すをクリックします。

  6. 削除リクエストをクリックします。

    サブスクリプションプランの削除を保留しているユーザーの概要が表示されます。リクエストが自動化プラットフォームによって処理されると、サブスクリプションプランが削除されます。