アイコン、構成、およびデータ

グラフィカルユーザーインターフェイスには、異なる種類のレポートやファイルを区別しやすくし、削除、編集、スケジュールなどのレポート機能に簡単にアクセスできるようにするヒントがあります。

レポートの作業を行う場合は、異なるレポート設定とレポートデータを区別することが重要です。レポート設定は、レポートに表示されるデータ(列など)とレポートのフィルタリング方法を制御します。レポートデータは、レポートを表示を実行したときにこれらの列に表示される情報です。レポート設定を設定して保存しておくと、ネットワーク環境が変わったり新しいライセンスがシステムに追加されたりすることで、レポートのデータが変化します。「レポート」という用語は、レポートの設定とデータの両方を意味します。

アイコン

説明

StandardReport_BuiltIn

標準レポートは、システムに備わっている基準レポート設定のセットです。たとえば、コンプライアンスサマリーの標準設定には、以下の列が含まれます。アプリケーション、メーカー、ライセンス合計、ライセンス要件、利用可能なライセンス、カバレッジ、コンプライアンス、費用。アイコンはワークシートを表しています。

StandardReport_UserModified

ユーザーが変更した標準レポートは、ユーザーがカスタマイズして(たとえば、データ列を追加したり並べ替えたりして)から保存した標準設定です。これらのレポートは、作成したユーザーにのみ表示されます。アイコンは、ワークシートとユーザーを表しています。

StandardReport_Shared

共有レポートは、ユーザーが変更した標準レポートが共有されたものです。このレポートは、変更前の標準レポートへのアクセス権を持つ組織内の全ユーザーが表示できます。アイコンは、ワークシートと共有を表しています。

StandardReport-Custom

カスタマイズ済みレポートは、Snow Servicesが用意した追加のレポート設定です。カスタムレポートの例としては、LPARおよびWPARデータコンピュータごとのソフトウェア未割り当てのインベントリ済みソフトウェアなどがあります。

システム保存は、複数のファイル形式をサポートしており、以下のタグで区別されます。

アイコン

説明

icon-report-csv.png

コンマ区切り値(CSV)ファイルとしてシステムに保存されているレポートを示します。アイコンは、CSVタグ付きのファイルを表しています。

icon-report-pdf.png

PDF(ポータブルドキュメントフォーマット)ファイルとしてシステムに保存されているレポートを示します。アイコンは、PDFタグ付きのファイルを表しています。

icon-report-xls.png

Microsoft Excel(XLS/XLSX)ファイルとしてシステムに保存されているレポートを示します。アイコンは、XLSタグ付きのファイルを表しています。

icon-report-xml.png

XML(eXtensible Markup Language)ファイルとしてシステムに保存されているレポートを示します。アイコンは、XMLタグ付きのファイルを表しています。

各機能への直接アクセス:

アイコン

説明

Download.png

ビューによって、システムのレポートファイルの下にレポート設定を保存し、デバイスにレポートをダウンロードします。

ReportSchedule

レポートファイルの自動生成用のスケジュールパラメータを設定/編集します。

EditBlue

ダイアログウィンドウを開いて、レポートの名前や説明を編集します。標準レポートには適用されません。

RemoveWhite

レポートを削除します。サインインユーザーが作成したレポートにのみ適用されます。