Microsoft CIDCを生成する

Clean Inventory Data Contract(CIDC)は、一連のタブで構成されるExcelファイルです。 最初のタブの定義と手順については、Microsoftがファイルの処理方法を説明していますが、それ以降のタブについてはMicrosoft製品に関連するインベントリデータを使用して完成させることを意図しています。

Snow License Managerでは、インベントリデータをエクスポートして、CIDCを生成するための最初のステップとしてMicrosoft CIDCを事前設定することができます。 一括部分を事前設定した後、CIDCを検証して完了するためには、一部を手動で入力する必要があります。

CIDCをエクスポートするには、Snow MACCに設定されている特定のレポートセキュリティ権限が必要です。

CIDCをエクスポートする

注記

  • CIDCは.xlsx形式である必要があり、エクスポートにのみ使用できます。

  • CIDCは英語でのみ作成可能です。

  • エクスポート日は自動的にCIDCファイル名に追加されます。

CIDCをエクスポートするには、以下を実行してください。

  1. レポートメニューの レポートをクリックします。

  2. Microsoftレポートグループを展開するか、 レポートを探すボックスに検索条件を入力してレポートを検索します。

  3. CIDC(Clean Inventory Data Contract)- Excelエクスポートのみをエクスポートするには、 Download2.jpg

    ファイルにエクスポートのダイアログボックスが表示されます。 名前タイプは自動的に設定され、変更することはできません。

  4. エクスポートファイルをより簡単に識別するには、 説明を入力します。

  5. 保存をクリックします。

CIDCを開く

  1. レポートビューとコンテキストメニューで、レポートファイルをクリックします。

    エクスポートされたすべての レポートファイルが一覧表示されます。

  2. リストからCIDCを探し、 ダウンロード Download2.jpgアイコンをクリックします。

  3. レポートを開くか、レポートをディスクに保存するかを選択します。

確認して完了する

要求された情報がデータベースに格納されている場合、CIDCにはSnow License Managerのデータが事前設定されます。

ファイル内のエラーは、赤い背景と接頭辞[ERR:…]で示されます。

検証が必要な値をがある列は、黄色の背景で示されます。

Snow License Managerに格納されていない情報を対象とする列は空のままになり、必須の場合は手動で完了する必要があります。 場合によっては、代わりにデフォルト値が設定されます。 次のセクションでは、これらの列と値、および、SAM管理者がファイルを完成させるために必要なアクションについて説明します。

注記

CIDCを修正して完了するには、 WorkSpaceドメインデータ – 定義ドキュメントに記載されている情報を使用してください。これらの情報は、WorkSpaceウェブサイト上にあります。

A - ハードウェアとオペレーティングシステム

注記

オペレーティングシステムの インストール日は、CIDCファイル内のSnowクライアントのインストール日に設定されています。

デフォルト値

アクション

サーバーファーム名

不明

該当する場合は設定が必要です。

物理マシンの完全修飾名

[物理マシンの名前]

- または –

<不明なホスト>

Snow License Managerからコンピュータ名のみが取得されます。 FQDNが必要な場合は、手動で完了する必要があります。

VMの物理ホストの名前がない場合(つまり、SLM内のホストのインベントリデータがない場合)、 <�不明なホスト>が設定されます。

インストールメディアチャネル

不明

データは手動で入力する必要があります。

BIOS経由でOEMのインストールが確認されました

いいえ

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

ライセンス数量が必要です

1

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

必要なアクティブSAの数量

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

割り当てられたライセンスプログラムグループ

不明

データは手動で入力する必要があります。

割り当てられたライセンスモデル

デバイス

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

環境タイプ

製造

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

外部コネクタのライセンスが必要

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

ライセンスモビリティフラグ

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

B - クライアントとサーバーアプリケーション

注記

アプリケーションの インストール日が入力されていない場合、CIDCファイルで 1980-01-01 00:00:00に設定されます。

デフォルト値

アクション

ライセンス数量が必要です

0(ライセンス不要)

- または –

1(ライセンスが必要)

Snow License Managerのアプリケーション設定に基づきます。

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

必要なアクティブSAの数量

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

割り当てられたライセンスプログラムグループ

データは手動で入力する必要があります。

割り当てられたライセンスモデル

次のいずれかです。

メトリックとライセンスモデルの次のマッピングが行われます。

  • ユーザー合計 -> ユーザー

  • デバイス合計 -> デバイス

  • 同時ユーザー -> ユーザーアクセス

  • 同時デバイス -> デバイスアクセス

  • インストール -> デバイス

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

環境タイプ

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

外部コネクタのライセンスが必要

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

C - アクセスライセンス

Snow License Managerから情報は取得されません。 代わりに、情報を手動で収集して入力する必要があります。

D - ユーザーサブスクリプション

Snow License Managerから情報は取得されません。 代わりに、情報を手動で収集して入力する必要があります。

E - 仮想マシンの移動履歴

注記

このシートには、仮想マシンの移動履歴が表示されます。 一度も移動されたことのない仮想マシンはここには表示されません。

F - SQL Serverインスタンス

デフォルト値

アクション

ライセンス数量が必要です

0(ライセンス不要)

- または –

1(ライセンスが必要)

Snow License Managerのアプリケーション設定に基づきます。

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

必要なアクティブSAの数量

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

割り当てられたライセンスプログラムグループ

データは手動で入力する必要があります。

割り当てられたライセンスモデル

次のいずれかです。

メトリックとライセンスモデルの次のマッピングが行われます。

  • ユーザー合計 -> ユーザー

  • デバイス合計 -> デバイス

  • 同時ユーザー -> ユーザーアクセス

  • 同時デバイス -> デバイスアクセス

  • インストール -> デバイス

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

環境タイプ

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

外部コネクタのライセンスが必要

0

必要に応じて、データを検証し修正する必要があります。

G - 全般情報

Snow License Managerから取得できない情報は、空白の列と黄色い背景で示されます。 これらの列の情報は、手動で入力する必要があります。