Adobe Creative Cloudのユーザーリンクの管理

Snow License ManagerでAdobe Creative Cloudの機能を最大限に活用するには、インベントリソースから収集したユーザーとAdobe Creative Cloudポータルのユーザーをリンクする必要があります。Adobe Creative CloudユーザーとSnowのインベントリ済みユーザーのリンクを管理する方法を説明します。

ユーザーのリンクを正確に維持するには、Adobe Creative CloudポータルでユーザーのEメールアドレスを最新の状態に保つことが最良の方法です。

Active Directoryユーザーディスカバリによるユーザーの自動リンク

Active Directoryユーザーディスカバリを使用した自動リンクにより、Adobe Creative Cloud機能に付加価値が追加されます。

  • Snow InventoryサーバーActive Directoryユーザーディスカバリを有効にします。収集されたデータは、Snow License Managerでユーザーオブジェクトを作成して、Adobe Creative Cloudポータルデータからのユーザーにリンクするために使用されます。Active Directoryユーザーディスカバリを有効にする方法は、Snow Inventory Server Admin Consoleを参照してください。

Eメールアドレスを一括でインポートする

Active Directoryユーザー探索を使用していない場合や、一部のユーザーのEメールアドレスを変更する必要がある場合は、Eメールアドレスを手動でインポートできます。

  1. 対応するAdobe Creative Cloudユーザーと一致させたいSnow License Managerユーザー名のリストを作成します。

    Snow License Managerユーザーは、すべてのユーザーレポートまたはすべてのユーザーを一覧表示ビューで見ることができます。

  2. 各ユーザーと一致するAdobeユーザー名を入れた列を追加します。

  3. データをインポートするに従い、既存ユーザーをアップデートすることによって、データをインポートします。

    フィールドのマッピングステップで、Adobeユーザー名フィールドがメールアドレスフィールドにマッピングされていることを確かめてください。

Eメールアドレスを編集する

ユーザーのEメールにAdobeユーザー名を入力することで、ユーザーのEメールアドレスを手動で編集することもできます。ユーザーを編集を参照してください。