二次使用権

ソフトウェアのサプライヤーには、「自宅用PC -職場用PC」、「デスクトップ -ノートパソコン」、または「デスクトップ - デスクトップ」のためのライセンス機能、つまり、二次使用権と称される機能jを提供するサプライヤーもあります。 このタイプの機能を使用すると、1つのライセンスで2台の別々のコンピュータ(例えばデスクトップとノートパソコン)に同じアプリケーションを2回インストールできます。

コンプライアンスという視点からこの機能を管理するには、二次使用権はアプリケーションで有効にする必要があり、Snow License Managerにおいて2台の兄弟コンピュータ間で接続を確立する必要があります。 兄弟コンピュータは、手動、または同一組織内で識別されたコンピュータのプライマリユーザーに基づき接続を確立する自動化機能を使用して指定することができます。 兄弟コンピュータの自動処理に関しては、お使いの環境で実装できるようSnow Softwareにご連絡ください。

Snow License Managerは、リッチクライアント上にローカルでインストールされたソフトウェアとともに、TS環境向けの二次使用権もサポートしています。