アクションログ

アクションログビューには、ライセンスの追加や削除、削除されたアイテムの変更、その他の重要な変更など、システムの変更に関する情報が表示されます。

次の表は、記録された変更の例を示しています。変更は、表のカテゴリ別にグループ化されます。この表は、記録された変更をすべて表示するわけではないことに注意してください。

カテゴリ

記録された変更

契約

契約またはサブ契約が削除されました。

契約またはサブ契約を削除できませんでした。

契約がMLSのインポートによって追加されました。

契約がMLSのインポートによって削除、追加、更新された、または、削除できませんでした。

契約はマスター契約に付随されました。

契約はマスター契約から切り離されました。

拒否リスト基準が追加または削除されました。 

許可リスト基準が追加または削除されました。

インストールのための許可リストの自動化ルールが変更または非アクティブ化されました。

ユーザーのための許可リストの自動化ルールが変更または非アクティブ化されました。

ライセンスされたアプリケーションのための許可リストの自動化ルールがアクティブ化または非アクティブ化されました。

許可リストに登録されていないアプリケーションを自動的に拒否リストに登録するための許可リストの自動化ルールが、アクティブ化または非アクティブ化されました。

Clean Inventory Data Contract(CIDC)

CIDCが追加、変更、または削除されました。 

CIDC期間が削除、または手動でアクティブ化されました。

CIDCのすべてのデータが削除されました。

Snow InventoryにあるCIDCのすべてのデータが削除されました。

CIDCのすべてのデータがX日間保存されました。

CIDCのすべてのデータが復元されました。

コンピュータをアーカイブすることができました。

コンピュータをアーカイブできませんでした。

コンピュータはアーカイブから削除されました。

コンピュータが非アクティブに設定されました。

Datacenter/クラスターが削除されました。

コンピュータのメタデータがインポートされました。

比較値のカスタムフィールドが削除されました。

カスタムフィールドが削除されました。

カスタムフィールド値が削除されました。

1台のデバイスが削除されました。

複数のデバイスが削除されました。

ドキュメントが削除されました。

ライセンスが移動されました。

通知が削除されました。

オブジェクトのプロパティまたはタイプが削除されました。

Oracle注文が追加または削除されました。

組織のインポートが完了しました。

システム設定がデフォルトに設定されたか、デフォルトから変更されました。

すべてのシステム設定がデフォルトに設定されました。