VDI環境用Windows VDAライセンス

仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)テクノロジーにより、ユーザーがほぼすべてのデバイスから職場のデスクトップにアクセスできるようになります。

Windows VDIに接続するすべてのデバイスには、仮想デスクトップアクセス権が必要になります。 アクセスしているデバイスが、有効なSoftware Assuranceを持つWindowsライセンスでカバーされているコンピュータの場合、仮想デスクトップアクセス権が含まれています。 その他のデバイスには、Windows Virtual Desktop Access(VDA)ライセンスが必要です。 Windows VDAライセンスには、90日間の再割り当て権が適用されるため、最後に割り当てを行った日から90日間はライセンスを別のデバイスに再割り当てすることができません。

Snow License Managerは、VDIに接続されたすべてのデバイスを識別します。 こういったデバイスの例には、自宅用PC、スマートフォン、シンクライアントだけでなく、インベントリされたコンピュータも挙げられます。 Snow License Managerは、Windows Virtual Desktop Accessのアプリケーションをこれらすべてのデバイスに追加します。

ライセンス要件

Snow License ManagerがWindows Virtual Desktop Accessのライセンス要件を計算する際、次のルールが適用されます。

  • デバイスがインベントリされたコンピュータである場合、かつ、そのコンピュータが有効なSoftware AssuranceがあるWindowsライセンスでカバーされている場合、Windows VDAライセンスは必要ありません。

  • デバイスが、Software AssuranceがないWindowsライセンスでカバーされているインベントリされたコンピュータである場合、Windows VDAライセンスが必要です。

  • デバイスがWindowsライセンスでカバーされていないインベントリされたコンピュータである場合、Windows VDAライセンスが必要です。

  • デバイスがインベントリされたコンピュータではない場合、Windows VDAライセンスが必要です。

  • Windows VDAライセンスは、90日後に再割り当てができます。

仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)上のWindowsオペレーティングシステムには、Windowsクライアントライセンスは必要なく、実行しているWindowsのオペレーティングシステムのライセンス要件から自動的に削除されます。このことは、詳細情報では、コンピュータのVDI注釈およびライセンス要件で説明されています。

Snow License ManagerでのWindows VDAライセンスの管理は自動化されています。 ただし、ライセンスを確実に正しく割り当てできるよう、Software AssuranceがあるWindowsライセンスの購入はすべて、有効なアップグレード権とともに登録しなければいけません。

ライセンスは、VDIソリューションのサーバーおよび管理インフラストラクチャにも必要です。 VDI構造(Microsoftまたはその他のサプライヤー)のライセンスへのサポートとして、Snow License Managerは、次のような専用の在庫レポートを提供しています。

  • VDIにアクセスしたすべてのデバイス

  • VDIにアクセスしたすべてのユーザー