データをインポートする

データのインポートは、Snow License Managerにデータをインポートするためのウィザードベースの機能です。インポートタイプの例としては、ライセンス、契約、ユーザーなどがあります。利用可能なインポートタイプは、ログオンしているユーザーのアクセス権によって決まります。

インポートのタイプに応じて、新しいオブジェクトが作成されるか、既存のオブジェクトが新しいメタデータで更新されます。

ウィザードは、インポート/更新のステップを案内してくれます。

  1. データソースをアップロードします。

  2. インポート設定の構成。

  3. ソースフィールドと移行先フィールドのマッピング。

  4. インポートされたデータのプレビュー。

  5. インポート。

各タイプのインポート/更新には専用のウィザードがあります。

ソースファイルをインポートする

インポート元ファイルはExcel(.xlsまたは.xlsx)形式またはCSV(コンマ区切り値)形式とすることができ、ファイルヘッダーの有無にかかわらず両方のソースファイルを使用できます。 CSVファイルはUTF-8としてエンコードする必要があることに注意してください。情報は事前定義されたフィールドおよびカテゴリに適用可能なほとんどのカスタムフィールド(タイプ通貨のカスタムフィールドを除く)にインポートできます。

Snow License Managerにデータをインポートするためのテンプレートをダウンロードするには、以下を実行してください。

  1. ホームメニューのデータのインポートを選択します。

    データのインポートビューが表示されます。

  2. テンプレートをインポートを選択します。

    テンプレートをインポートのダイアログボックスが表示されます。

  3. リストからインポートテンプレートを1つ選択し、ダウンロードを選択します。

    テンプレートがダウンロードされます。

注記

ソースファイルの列の名前がある場合、これらの名前はSnow License Managerの出力先フィールドの名前と同じである必要はありません。

Snow License Managerで新しい情報または更新された情報を正常にインポートするには、特定の情報を提供する必要があります。必要なインポートデータの詳細と、インポート後のSnow License Managerのデータの保管場所については、データインポートフィールドの説明文書を参照してください。

データの検証

許可されたデータタイプと値だけがインポート元ファイルに含まれていることを確認するため、データのインポート機能がデータをインポートする前に検証します。インポートのプレビューステップでは、エラーが赤色でハイライトされます。フィールドをポイントで示すと、エラーの詳細が表示されます。

赤色でハイライトされたエラーや競合は、データのインポートや更新の妨げになります。

データは、Snow License Managerにすでに存在するオブジェクトに対してのみ更新できます。 インポートデータがデータベース内のオブジェクトと一致しない場合、その特定のオブジェクトの更新を続行することはできません。

フィールドのマッピング

インポートのフィールドマッピングステップでは、インポート元ファイルの列の名前を、Snow License Manager内の対応するフィールドにマッピングする必要があります。インポート元ファイルにヘッダーがない場合は、代わりにインデックスマッピングを使用できます。つまり、インポート元ファイルのフィールドは、テキスト(列ヘッダー)ではなくインデックス(列の位置0、1、2など)で識別されます。