モバイルデバイスを編集

  1. コンピュータ メニューで、 すべてのモバイルデバイスを一覧表示 または モバイルデバイスを検索 をクリックし、編集する1台以上のモバイルデバイスを探します。

  2. 1台のモバイルデバイスを編集するには、以下を実行してください。

    1. モバイルデバイスの行をクリックします。

      モバイルデバイス詳細ビューが表示されます。

    2. コンテキストメニューから、モバイルデバイスを編集をクリックします。

  3. 複数のモバイルデバイスを同時に編集するには、以下を実行してください。

    1. モバイルデバイスを選択します。

    2. コンテキストメニューから、モバイルデバイスを編集をクリックします。

      複数のモバイルデバイス編集ビューが表示されます。

  4. 次のセクションに従ってタブのフィールドの情報を編集してください。

  5. 保存をクリックします。

全般タブ

全般タブに情報を入力するには、以下を実行してください。

  1. 購入日購入価格および 通貨ベンダーおよび 請求書のリファレンスに関する情報を入力します。 通貨は異なる可能性があり、デフォルトの表示通貨に対応する必要はありません。

  2. リストからモバイルデバイスのステータスを選択してください。

    • アクティブ-モバイルデバイスがシステム内でアクティブで、インストールされたアプリケーションのライセンスが必要です。

    • 検査済み-モバイルデバイスは検査されますが、インストールされたアプリケーションのライセンスは引き続き必要になります。 (Snow MACCで)自動検査管理がアクティブになっている場合、モバイルデバイスは自動的に検査され、インベントリデータの報告を停止した場合にシステムから削除されます。

    • 非アクティブ - モバイルデバイスがシステム内でアクティブではなく(ストレージにある場合など)、インストールされたアプリケーションのライセンスは必要ありません。モバイルデバイスはコンプライアンス計算に含まれていません。ただし、モバイルデバイスがSnow Inventoryサーバーに引き続き報告を行っている場合は、Snow License Managerのデータが更新されます。非アクティブなモバイルデバイスがインベントリデータを報告すると、アラートが表示されます。

  3. リストから、このモバイルデバイスが属する組織ノードを選択します。

  4. セキュリティコードボックスに、モバイルデバイスの盗難防止ラベルを入力します。

  5. 自動接続ルールを無効にするには、 自動編集を無効にするのチェックボックスをオンにします。

  6. モバイルデバイスがインベントリデータの報告を停止した場合に、モバイルデバイスが検査状態になるのを防ぐ、または、システムから削除されるのを防ぐには、 自動検査管理を無効にするのチェックボックスをオンにします。

契約タブ

契約タブでは、1つ以上のチェックボックスを選択して、1つ以上の契約にモバイルデバイスを付随させます。

正しい契約がリストにない場合は、作成する必要があります。

カスタム情報タブ

カスタム情報タブでは、 コンピュータ/モバイルデバイスカテゴリで使用可能なカスタムフィールドに情報と値を入力します。

詳細については、 カスタムフィールド情報を入力するを参照してください。

識別されたファイルタブ

識別されたファイルタブでは、識別されたすべてのインベントリ済みアプリケーションファイルをモバイルデバイス上に表示します。このタブは変更できません。

ドキュメントタブ

ドキュメントタブで、 ドキュメントを追加をクリックし、モバイルデバイスに関連するドキュメントをアップロードする、あるいはリンクを追加することができます。

詳細については、 ドキュメントとリンクの管理を参照してください。