アプリケーションの拒否リスト

IT環境でのインストールや使用が承認されていないアプリケーションは、アプリケーション拒否リストビューで指定できます。ゲームやポーカーのアプリケーションなど、不要なソフトウェアは、拒否リスト機能で監視することが可能です。

アプリケーション拒否リストビューは、次の表に従って2つのタブで構成されています。

タブ

説明

基準

不要なアプリケーションの拒否リストに登録する基準を指定するのに使用されます。拒否リスト基準は、アプリケーションの名前またはアプリケーションタイプに適用されます。

アプリケーション(結果)

拒否リスト基準の影響を受けるすべてのアプリケーションを表示します。

不要なアプリケーションは、追加された基準(アプリケーションの名前またはアプリケーションタイプ)を元に自動的に識別されます。また、アプリケーションを拒否リストに手動で追加することも可能です。

拒否リストに登録されたアプリケーションをインストールしたり使用したりすると、アラートが発信されます。拒否リストに登録されたアプリケーションは、コンピュータ詳細ビューとユーザー詳細ビューでも、赤い背景色で表示されます。

拒否リストに登録されたすべてのアプリケーションを一覧表示するには、以下を実行してください。

  • 在庫レポートすべてのアプリケーションを使用し、レポート基準拒否リスト登録済みを追加します。

  • アプリケーションを検索ビューで、列セレクタから拒否リスト登録済み(はい/いいえ)列を追加し、フィルタリングを容易にします。

  • 在庫レポートコンピュータごとの拒否リストに登録されたアプリケーションまたはユーザーごとの拒否リストされたアプリケーションを使用します。

拒否リスト基準を追加または編集する

  1. 基準タブで、次のいずれかを実行します。

    • 拒否リスト基準を追加するには、基準を追加をクリックします。

      基準を追加のダイアログボックスが表示されます。

    • 拒否リスト基準を編集するには、基準行をクリックします。

      基準を編集のダイアログボックスが表示されます。

  2. リストから基準タイプを選択します。

  3. 基準を入力します。共通の名前またはタイプを持つ複数のアプリケーションを含めるには、ワイルドカード文字として%を使用します。

    • 例:%poker%

  4. 必要に応じて、基準を拒否リストに登録する理由を説明したコメントを入力します。

  5. 必要に応じて、基準を適用する組織ノードを選択します。

    注記

    特定の組織ノードを選択しないと、基準は組織全体に適用されます。

  6. 保存をクリックします。

拒否リスト基準を削除する

  1. 基準タブの基準行で、削除RemoveWhite アイコンをクリックします。

    基準を削除のダイアログボックスが表示されます。

  2. OKをクリックして確認します。

拒否リストアプリケーションを表示する

拒否リスト基準の影響を受けたすべてのアプリケーションは、現在のIT環境でインストールされているかどうかにかかわらず、アプリケーション(結果)タブに表示されます。インストール列とユーザー列には、現在のIT環境でのインストール数とユーザー数が表示されます。