コンプライアンスの例2

Microsoft SQL Server 2012 Enterpriseアプリケーションのコンプライアンスサマリーでは、次のことが分かります。

  • アプリケーションのメトリックが コアに設定されています

  • このアプリケーションでは、そのメトリックがあるライセンスが0件あります

  • ライセンス要件が24件あります

  • カバレッジにはライセンスが0件あります

  • 不足しているライセンスは24件です

compliance-enterprise

デフォルトのメトリック

このアプリケーションのメトリックは コアに設定されています。

アプリケーションは、合計 24個のコアを持つハードウェア上で検出されます。これは 24件の必要なライセンスに対応します。 調整は行われていません。

compliance-enterprise-defaultmetric

コンシューマーがカバーされていないことを確認するには、以下を実行してください。

  1. ライセンスタブをクリックし、追跡をクリックします。

    ライセンスが必要なすべてのコンシューマーのリストが表示されます。

  2. 6人のコンシューマーがいて、誰もカバーされていません。

compliance-enterprise-tracking

ライセンス供与を決定する

コンシューマーがどのように設定されているかを考慮して、最良の方法でコンシューマーにライセンス供与する方法を決定します。

サポートとして、 コンピュータごとのライセンス追跡レポートを使用し、列セレクタから Datacenter名ホストコンピュータ名の列を追加します。

この例では、3件の物理ホストがあります。

compliance-enterprise-report

VM使用権を持つ2件の物理ホストをカバーすることにしました。 次を使って、Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Coreのライセンスを購入して登録します。

  • 数量は 120、メトリックは プロセッサコア数

  • アップグレード権

  • ダウングレード権

  • クロスエディション権

  • VM使用権

ライセンス購入を登録する場合、ライセンス可能なコアの要件に従って2件の物理ホストにライセンスを割り当てます。

compliance-enterprise-assign

コンプライアンス計算後、 Microsoft SQL Server 2012 Enterpriseアプリケーションは、 VM使用権によりカバレッジを持つようになったことが分かります。

compliance-enterprise-licensetracking

コンシューマーがカバーされるようになったことを確認するには、以下を実行してください。

  1. ライセンスタブをクリックし、追跡をクリックします。

    ライセンスが必要なすべてのコンシューマーのリストが表示されます。

  2. これで、6名のコンシューマーのうち5名がカバーされました。

compliance-enterprise-consumers