コンプライアンスの例1

以下の例は、アプリケーションWinRARアーカイバ5.30に関するものです。

アプリケーションのコンプライアンスサマリーでは、次のことが分かります。

  • アプリケーションのメトリックはインストールに設定されています

  • このアプリケーションでは、そのメトリックがあるライセンスが10件あります

  • ライセンス要件が18件あります

  • カバレッジにはライセンスが10件あります

  • 不足しているライセンスは8件です

compliance-winrar

コンプライアンスタブの 詳細ビューには、アプリケーションのメトリック(上の赤いボックス)に登録されているライセンスはないものの、別のメトリック(下の赤いボックス)に登録されているライセンスがあることが分かります。

  • メトリック番号またはプロセッサに登録されているライセンスは4件あります。ただし、これらのライセンスはどのコンピュータ/Datacenterにも割り当てられておらず、カバレッジには使用されません。

デフォルトのメトリック

このアプリケーションのメトリックはインストールに設定されています。

このアプリケーションの最初のライセンス要件は18件のインストールで、これは18件の必要なライセンスに対応します。調整は行われていません。

compliance-winrar-defaultmetric

ライセンス列では、10件のライセンスがアップグレード権を介してアプリケーションに転送されていることが分かります。詳細は、次を実行すると確認できます。

  • ライセンスタブをクリックし、転送をクリックします。

compliance-winrar-transfers

これらのライセンスがどのようにインストールをカバーしているかを確認するには、以下を実行してください。

  1. ライセンスタブで、追跡をクリックします。

  2. 資格ステータスリストでカバー済みを選択します。

    リストがフィルタリングされます。

この例では、リストは空白(コンシューマーは一切カバーされていません)であるものの、ライセンスは10件あることが分かります。

compliance-winrar-tracking

詳細を調べるには、割り当てタブをクリックします。

注記

割り当ては、現在のライセンス条件に従ってのみ変更することができます。

組織ノードの会社にはライセンス要件はありませんが、10件のライセンスでカバーされています。同時に、組織ノードの会社/Swedenは18件のライセンス要件がありますが、現在はカバーされていません。

compliance-winrar-allocation

ここで、ライセンス購入を編集して、ライセンスが組織構造内でさらにアプリケーションのインストールをカバーできるようにしたいと思われるでしょう。

  1. ライセンス購入に移動し、ライセンスを編集をクリックします。

  2. 割り当てタブで、自動割り当てのチェックボックスをオンにし、保存をクリックします。

  3. コンテキストメニューのコンプライアンスの再計算をクリックします。

  4. アプリケーションに移動し、割り当てタブをクリックします。

このケースでは、ライセンス購入を変更したため、現在、使用可能なライセンス8件を使用して、会社/Swedenのノードのコンシューマーをカバーすることができます。

compliance-winrar-recalculate

変更後のライセンスがどのようにインストールをカバーしているかを確認するには、以下を実行してください。

  1. ライセンスタブをクリックし、追跡をクリックします。

  2. 資格ステータスリストでカバー済みを選択します。

    リストがフィルタリングされます。

compliance-winrar-covered

コンプライアンスの全体的な計算によれば、まだ8件のライセンスが不足しており、メトリックのプロセッサ数で割り当てられていないライセンス4件があることに注意してください。

compliance-winrar-processors

その他のメトリック

コンプライアンスタブと詳細ビューに、アプリケーションのメトリック以外の他のメトリックを持つライセンスが登録されていることがわかります。ただし、これらのライセンスはどのコンピュータ/Datacenterにも割り当てられていないため、カバレッジには使用されません。

割り当てられていないライセンスを修正するには、以下を実行してください。

  1. プロセッサ数メトリックでライセンスに移動し、ライセンスを編集をクリックします。

  2. 割り当てタブをクリックします。

  3. 追加をクリックし、ライセンスを割り当てたいコンピュータを検索します。

  4. 各コンピュータに割り当てられるライセンス数を入力します。

  5. ライセンスに対する変更を保存します。

  6. コンテキストメニューのコンプライアンスの再計算をクリックします。

  7. アプリケーションに移動し、コンプライアンスタブをクリックします。

この例では、ライセンスを割り当てたコンピュータのプロセッサ数はそれぞれ1つです。つまり、4件のライセンスが、これらがカバーしている4件のインストールに対応しています。これは、カバレッジ列に示されており、一番上のセクションにはその他のメトリック対象、2番目のセクションにはその他のライセンスメトリックという行がそれぞれ追加されています。

compliance-winrar-othermetrics