コンピュータを編集

  1. コンピュータメニューでは、コンピュータを検索をクリックして、編集する1つまたはコンピュータ探すことができます。

  2. 1台のコンピュータを編集するには、以下を実行してください。

    1. コンピュータの行をクリックします。

      コンピュータ詳細ビューが表示されます。

    2. コンテキストメニューから、コンピュータを編集をクリックします。

  3. 複数のコンピュータを同時に編集するには、以下を実行してください。

    1. コンピュータを選択します。

    2. コンテキストメニューから、コンピュータを編集をクリックします。

      複数のコンピュータ編集ビューが表示されます。

  4. 次のセクションに従ってタブのフィールドの情報を編集してください。

  5. 保存をクリックします。

全般タブ

全般タブに情報を入力するには、以下を実行してください。

  1. 購入日購入価格および 通貨ベンダーおよび 請求書のリファレンスに関する情報を入力します。 通貨は異なる可能性があり、デフォルトの表示通貨に対応する必要はありません。

  2. コンピュータのステータスを選択します。使用可能なオプション:

    • アクティブ-コンピュータがシステム内でアクティブで、インストールされたアプリケーションのライセンスが必要です。

    • 検査済み-コンピュータは、インベントリデータの報告がない定義済みの日数後に検査されますが、インストールされたアプリケーションのライセンスは引き続き必要になります。 (Snow MACCで)自動検査管理がアクティブになっている場合、コンピュータは自動的に検査され、システムから削除されるか、または非アクティブに設定されます。

    • 非アクティブ - コンピュータがシステム内でアクティブではなく(ストレージにある場合など)、インストールされたアプリケーションのライセンスは必要ありません。コンピュータはコンプライアンス計算に含まれていません。ただし、コンピュータがSnow Inventoryサーバーに引き続き報告を行っている場合は、Snow License Managerのデータが更新されます。非アクティブなコンピュータがインベントリデータを報告すると、アラートが表示されます。

  3. このコンピュータが属する組織ノードを選択します。

  4. セキュリティコードボックスに、コンピュータの盗難防止ラベルを入力します。

  5. 自動接続ルールを無効にするには、 自動編集を無効にするのチェックボックスをオンにします。

  6. コンピュータが在庫データの報告を停止した場合に、コンピュータが検査状態になるのを防ぐ、または、システムから削除されるのを防ぐには、 自動検査管理を無効にするのチェックボックスをオンにします。

  7. 物理的なソケット容量に、コンピュータ内のプロセッサソケット数を入力します。

  8. MCMプロセッサを使用する物理サーバーの場合は、 MCMプロセッサを使用するのチェックボックスをオンにし、ボックスに プロセッサあたりのチップモジュールの数を入力します。 この情報は、MCMプロセッサを使用するサーバー用のOracle Server Worksheetレポートに事前設定された物理ソケットの数を計算して表示するために使用されます。

  9. 二次使用権を有効にするには、以下を実行してください。

    1. 兄弟コンピュータボックスの右側にある SearchIcon

      コンピュータを検索のダイアログボックスが表示されます。

    2. 検索条件を入力し、 検索をクリックします。 検索条件に一致するコンピュータのリストが表示されます。

    3. リストから追加するコンピュータを選択します。

  10. 仮想マシンには、 ホストコンピュータ名を入力します。

    選択したホスト/仮想マシンが、仮想マシンの 情報タブに表示されます。ホストコンピュータを削除するには、ボックスの右側にある 消去 Clear.pngアイコンをクリックします。

契約タブ

1つ以上のチェックボックスを選択して、1つ以上の契約にコンピュータを付随させます。

正しい契約がリストにない場合は、作成する必要があります。

カスタム情報タブ

カスタム情報タブでは、 コンピュータ/モバイルデバイスカテゴリで使用可能なカスタムフィールドに情報と値を入力します。

詳細については、 カスタムフィールド情報を入力するを参照してください。

識別されたファイルタブ

識別されたファイルタブでは、識別されたすべてのインベントリ済みアプリケーションファイルをコンピュータ上に表示します。このタブは変更できません。

ドキュメントタブ

ドキュメントタブでは、 ドキュメントを追加をクリックし、コンピュータに関連するドキュメントをアップロードする、あるいはリンクを追加することができます。

詳細については、 ドキュメントとリンクの管理を参照してください。

拡張カバレッジタブ

拡張カバレッジタブを使用して、カバレッジをどのコンピュータに拡張するべきか、どのアプリケーションのためにすべきか、どのような理由でカバレッジを拡張するかを指定します。

カバレッジを拡張するコンピュータを追加または削除します。

コンピュータを追加

  1. 検索 SearchIconアイコンをクリックします。

    コンピュータを検索のダイアログボックスが表示されます。

  2. 検索条件を入力し、 検索をクリックします。

    検索条件に一致するコンピュータのリストが表示されます。

  3. リストから追加するコンピュータを選択します。

  4. アプリケーションを選択リストからアプリケーションを選択します。

  5. カバレッジを拡大する理由を選択してくださいリストから理由を選択します。

  6. OKをクリックします。

    ダイアログボックスが閉じられ、選択したコンピュータが コンピュータボックスに表示されます。

  7. コンピュータボックスの右側にある 追加 アイコンをクリックします。

    選択したコンピュータは、拡張カバレッジのコンピュータの一覧に追加されます。

コンピュータを削除

  • リストの右にある 削除 RemoveWhiteアイコンをクリックし、削除を確認します。

Oracleタブ

Oracleタブは、Oracleデータベース製品を実行しているサーバーでのみ使用でき、1つまたは複数のOracle注文とサーバーを関連付けるために使用されます。

サーバーをOracle注文と関連付けるには、以下を実行してください。

  1. 追加をクリックします。

    Oracle注文アイテムを検索のダイアログボックスが表示されます。

  2. 検索条件(Customer Support IdentifierであるCSI、または、製品名)を入力し、 検索をクリックします。

    検索条件に一致するOracle注文のリストが表示されます。

  3. チェックボックスをクリックして正しいOracle注文を選択し、 OKをクリックします。

    注文は、Oracle注文のリストに追加されます。