正しいライセンス登録を確実に行う

Snow License Managerの管理者は、フィールドを入力必須にし、事前定義されたオプションを備えたリストを追加し、特定のフィールドが意図している目的を明確に記述した説明を追加することで、すべてのライセンス購入を確実に企業のITポリシーに従って登録できるようになります。

説明の例として以下のようなものが挙げられます。

  • 購入金額合計:「購入した各ライセンスの平均価格に影響するので、正しい通貨で指定する必要があります。」

  • 請求書のリファレンス:「ライセンス証明書を追跡できるよう、定義する必要があります。」

事前定義されたオプションを持つリストの例:

  • メディアストレージのインストール:IT部門、営業部門、人事部門

  • ライセンス証明の保存先:銀行の金庫室、オフィスの金庫

正しいライセンス登録を実施するには、以下を実行してください。

  1. ホームカテゴリで、 管理を選択します。

    管理概要が表示されます。

  2. ライセンスポリシーを選択します。

    ライセンスポリシービューが表示されます。

  3. 変更する各 フィールド名編集 Editアイコンをクリックします。

    フィールド名のダイアログボックスが表示されます。

  4. フィールドを入力必須にするには、以下を実行してください。

    1. 必要情報のチェックボックスをオンにします。

    2. 説明を入力します。

    3. 保存をクリックします。

  5. リストを含めるには、以下を実行してください。

    1. 複数の選択リストを使用するのチェックボックスを選択します。

    2. 選択可能なオプションを入力します。

    3. リストされたオプション以外の値を許可するには カスタム値の使用を許可するのチェックボックスをオンにします。

    4. 保存をクリックします。

注記

タスクライセンスポリシーは、管理者権限を持つユーザーのみ使用できます。