コンプライアンスサマリービュー

コンプライアンスサマリービューには、Oracleエステートのコンプライアンスの概要が表示されます。

コンプライアンスサマリービューに移動するには、以下を実行してください。

  1. Oracle概要製品概要タブを選択します。

  2. ビューを選択リストでコンプライアンスサマリーを選択します。

  3. ライセンスのサマリーまたはコンプライアンストレンドを選択して表示します。

ライセンスのサマリー

コンプライアンスサマリーは、製品タイプまたは製品ごとに表示できます。フィルターOracleFilter.pngボタンを選択し、以下の説明に従ってリストから表示方法を選択します。

  • 製品タイプ別コンプライアンスビューを表示するには、データグループリストから製品タイプを選択し、メトリックタイプリストからメトリックタイプを選択します。

    このビューでは、製品タイプごとのコンプライアンス状況がグラフで示されます。

    グラフの上にある数字は、エステートにあるすべてのOracle製品のコンプライアンスを示しています。

  • 製品別コンプライアンスビューを表示するには、データグループリストから製品を選択し、製品タイプリストから製品タイプを選択して、メトリックタイプリストからメトリックタイプを選択します。

    このビューでは、選択した製品タイプの製品ごとのコンプライアンス状況がグラフで示されます。

    グラフの上にある数字は、選択した製品タイプのOracle製品のコンプライアンスを示しています。

各製品タイプまたは製品のグラフのバーは、合計ライセンス数を次のように分類して表示します。

  • 残数量 - コンプライアンスに達するまでに割り当てられる残りのライセンス数。

  • 過剰割り当て数量 - 許容数量を超えて割り当てられているライセンス数。

  • 対象数量 - 正しく割り当てられているライセンス数。

  • 未割り当てライセンス数 - 割り当てられていない利用可能なライセンス数。

バーの各部分をポイントすると、正確な数字が表示されます。

グラフの上には以下のコンプライアンス数値が表示されます。

  • 合計ライセンス数 - ライセンスの総数です。

    合計ライセンス数は、OMOポータルから転送されたデータに基づいて計算されます。

  • 割り当て済みライセンス - 正しく割り当てられているライセンス数です。

  • 未割り当てライセンス数 - 割り当てられていないライセンス数です。

  • 過剰割り当てライセンス数 - 正しく割り当てられているライセンス数を超えて割り当てられているライセンス数です。

  • 必要数量 - コンプライアンス要件を満足するためのライセンス数です。

コンプライアンストレンド

コンプライアンストレンドは、特定の製品タイプ、製品、そしてメトリックタイプのセットに対してグラフで表示されます。フィルターOracleFilter.pngボタンを選択して、表示されるリストから製品タイプ、製品、そしてメトリックタイプを選択します。

デフォルトでは過去3か月のコンプライアンストレンドが表示されます。別の期間のコンプライアンストレンドを表示するには、日付範囲を選択してください。

トレンドの正確な値を表示するには、ライン上にある特定の時点を表すドットにポインタを合わせます。

以下のすべて、または選択した組み合わせのトレンドを表示できます。

  • 要件

  • 割り当て

  • コンプライアンス

  • 使用可能な数量

  • トレンド

注記

グラフのラインを隠すことで、特定のラインのみを表示できます。ページを行進すると、すべてのラインが再び表示されます。

インサイト

コンプライアンスサマリービューのインサイトセクションには、費用を最適化できる可能性のある、次のようなエリアをハイライトします。

  • 過剰割り当てライセンス

  • 割り当てられていないライセンス

各エリアでは、最適化できる費用と、詳細情報のレポートへのリンクが表示されます。