アプリケーション詳細ビュー

特定のアプリケーションの詳細情報を表示するには、アプリケーションのリスト内のアイテムをクリックしてください。

アプリケーション詳細ビューにある情報ボックスには、次の表に従ってライセンス情報が表示されます。

インスタンス

ライセンス

ライセンス要件

カバレッジ

コンプライアンス

アイコンは、インスタンスのタイプによって異なります。

IconLicenses
IconLicenseReq
IconLicCoverage
IconCompliance

インスタンス数。

インスタンスのタイプは、アプリケーションのコンプライアンス計算に使用されたメトリックによって異なります。

使用可能なライセンス数。

選択されたメトリックのコンプライアンスを確実にするために必要なライセンス数。

使用可能なライセンスの対象となるインスタンス数

計算したカバレッジライセンス要件の差。

コンプライアンス準拠:緑のアイコン

コンプライアンス非準拠:赤いアイコン

ライセンスが必要ないアプリケーション(メトリックは「ライセンス不要」と設定されます)には、情報ボックスインストールだけが使用されます。

informationbox

詳細ビューの下部には、次の表に従って表示されるアプリケーションに関する詳細情報が含まれています。

注記

アプリケーション詳細ビューで使用可能なタブは、メトリック、および、アプリケーションがコンピュータにインストールされているのか、それともモバイルデバイスにインストールされているのかによって異なります。

タブ

説明

ライセンス

購入:選択されたアプリケーションのすべての登録されたライセンス購入。

移行:アップグレード権またはダウングレード権を通じて、他のアプリケーションのバージョンから受け取った、または、他のアプリケーションのバージョンに移行させたすべてのライセンス。

追跡:各コンシューマーに関するライセンス要件と資格ステータスのサマリー。

詳細については、 ライセンスタブを参照してください。

割り当て

ライセンスとインストールの割り当てを表示します。

  • ライセンス要件列では、各組織ノードに必要なライセンス数(つまり、当該アプリケーションのライセンス対象のインストール数)が表示され、登録済みの使用状況がないアプリケーションが含まれています。

  • カバレッジ列には、使用可能なライセンスの対象となるインスタンス数が表示されます。

  • コンプライアンス列には、計算したカバレッジライセンス要件の差が表示されます。

コンプライアンス

詳細:アプリケーション詳細ビューの情報ボックスに表示される値の計算方法の提示。

履歴:一定期間におけるアプリケーションの毎月のコンプライアンスの最高値と最低値を示すグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。

トレンド:一定期間におけるアプリケーションの要件、カバレッジ、コンプライアンス、およびコンプライアンストレンドのグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。グラフを非表示または表示にするためには、要件カバレッジ コンプライアンスコンプライアンストレンドのラベルをクリックします。

詳細については、 コンプライアンスタブを参照してください。

インストール:選択されたアプリケーションがインストールされているすべてのコンピュータ。

履歴:一定期間における1か月あたりのアプリケーションのインストール数を示すグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。

選択されたアプリケーションがインストールされているすべてのモバイルデバイス。

モバイルデバイスでのみ使用できます。

ユーザー:アプリケーションを使用したすべてのユーザーと、これらのユーザーがアプリケーションを最後に使用した時。

同時使用:一定期間における1か月あたりの最大同時ユーザー数を示すグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。

同時ユーザーのメトリックがあるアプリケーションにのみ表示されます。

履歴:一定期間における1か月あたりのアプリケーションのユーザー数を示すグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。

デバイス:アプリケーションを使用したデバイス。

遠隔または仮想デスクトップ接続を通じてアクセスできるアプリケーションで使用可能です。

同時使用:一定期間における1か月あたりの最大同時デバイス数を示すグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。

同時デバイスのメトリックがあるアプリケーション、およびアプリケーションがデバイスにインストールされている場合にのみ表示されます。

履歴:一定期間における1か月あたりのアプリケーションを使用しているデバイス数を示すグラフ。期間は、グラフの下にある範囲セレクタで選択します。

バンドル内にあるすべてのアプリケーションの名前。 また、バンドルを通じたインストール数がインストール合計数と比較され、その差がスタンドアローンインストール数となります。

Adobes Creative CloudまたはMicrosoft 365などのアプリケーションバンドルでのみ使用できます。

情報タイプ別にグループ化されているアプリケーションに関する全般情報。

アプリケーションに関して入力された財務情報。 すべての値はユーザーが設定した通貨で表示されます。

詳細については、 財務情報タブを参照してください。

アプリケーションのストック・キーピング・ユニット(SKU)情報。

  • 製品説明列には、メーカーから提供されたアプリケーション詳細が表示されます。

  • UPG列とDWN列には、アップグレードとダウングレードの製品の使用権が表示されます。

複数のメトリック

アプリケーション詳細ビューの一番上にあるアプリケーション名の隣に複数のメトリック SLM_MultipleMetricsIcon.png記号が表示された場合は、そのアプリケーションのライセンスの割り当て、レポート、コンプライアンス計算で複数のメトリックを使用できます。ライセンス情報タブメトリックセクションで、アプリケーションにメトリックを追加できます。

アプリケーションに複数のメトリックが含まれている場合は、インスタンスボックスのポップアップリストからメトリックを選択できます。

SLM_MultipleMetrics_InstanceBox.png

情報ボックスが更新されて、選択したメトリックのライセンス情報が表示されます。

選択したメトリックは、アプリケーション名の隣に複数のメトリック記号 SLM_MultipleMetricsIcon_AlternativeMetric.png と一緒に表示されます。

ライセンスタブと割り当てタブには、選択したメトリックに関する情報が表示され、コンプライアンスタブには、アプリケーションに追加されているすべてのメトリックの情報が表示されます。

ライセンスタブ

ライセンスタブには、購入ビュー、移行ビュー、追跡ビューが含まれます。

購入

購入ビューには、アプリケーションに登録されているすべてのライセンス購入に関する情報が表示されます。不完全チェックボックスは、不完全なライセンスを示します。

現在のライセンス割り当てを示す別のウィンドウを開くには、購入日の横にある矢印 ArrowRight をクリックします。

リスト内の購入をクリックすると、そのライセンス登録の詳細が表示されます。

移行

アップグレード権またはダウングレード権によってライセンスを受け取ったり付与したりすると、これらの移行のリストが移行ビューに表示されます。関与したアプリケーション、移行タイプ、ライセンスのメトリック、および移行したライセンスの数についての情報が表示されます。

リスト内のアプリケーションをクリックすると、そのアプリケーションの詳細が表示されます。

追跡

追跡ビューには、アプリケーションにライセンスが必要なすべてのコンシューマーのリストが表示されます。

アプリケーションに複数のメトリックがある場合は、選択したメトリックによって異なるコンシューマーのタイプと関連情報が表示されます。

  • 使用列は、インストールが使用されたかどうかを示します。

  • 必要列は、カバレッジに必要なライセンス数を示します。数量の横にある矢印をクリックすると、初期ライセンス要件に対して行われたライセンス調整に関する情報が表示されます。

  • 資格ステータス列は、コンシューマーがどの程度カバーされているかを示します。状態の横にある矢印をクリックすると、詳細情報が表示され、カバレッジに使用されるライセンス購入へのリンクが表示されます。

リスト内のコンシューマーをクリックすると、そのコンシューマーの詳細が表示されます。

コンプライアンスタブ

コンプライアンスタブにある詳細ビューには、ライセンス、要件、アプリケーション詳細ビューのカバレッジがどのように計算されたかに関する詳しい情報が表示されます。

上部には、アプリケーションのメトリックに基づく計算が表示されます。 アプリケーションのメトリック以外のメトリックにライセンスが登録されている場合は、追加のセクションが計算されます。

アプリケーションに複数のメトリックがある場合は、追加のメトリックを表示をクリックすると、利用可能なすべてのメトリックの計算が表示されます。

タブ

説明

初期要件

調整が行われる前の初期ライセンス要件。 数値は、アプリケーションのメトリックで、または、別のメトリックを使用するライセンスの場合、そのメトリックに対応する数値に換算して表示されます。

6.

メトリックはプロセッサ数に設定されています。このアプリケーションが検知される場所には、10台のサーバーと合計14基のプロセッサが存在します。この場合、初期要件は14基のプロセッサとなります。ライセンス購入がメトリックインストールで登録される場合の初期要件は、インストール10件となります。

詳細は、付録にあるコンプライアンスの例を参照してください。



ライセンス

このアプリケーションの対象となる利用可能なライセンスに関する情報。

登録されている購入済みライセンスの数と実行されたライセンス調整が表示されます。例えば、次のようになります。

  • アップグレード権またはダウングレード権を通じたライセンスの移行(+/-)

  • 不完全または割り当てられていないライセンス(-)

  • サブスクリプションの有効期限が切れたサブスクリプションライセンス(-)。

必要なライセンス

必要となるライセンス数に関する情報。

最初に必要とされたライセンスの数と実行されたライセンス調整が表示されます。例えば、次のようになります。

  • 拡張カバレッジまたは二次使用権(-)

  • アプリケーションのバンドル(-)

  • 使用状況測定期間外の使用状況(-)

  • VDI(-)

  • 手動コンプライアンス除外(-)

  • コア係数(+/-)。

これらの詳細は、アプリケーションのメトリックに関するセクションでのみ表示されます。

カバレッジ

アプリケーションがどの程度カバーされているのかに関する情報。

使用可能なライセンス数と実行されたライセンス調整が表示されます。例えば、次のようになります。

  • その他のメトリック対象(+)

    数字を選択するとポップアップウィンドウが開いて、追加情報が表示されます。

  • その他のメトリックのライセンス(-)

  • サイトライセンス(+)

  • VM使用権(+)

  • サブスクリプションプランの対象(+)

    注記

    Microsoft 365に含まれるアプリケーションのライセンスの対象を自動的に検出するには、Snow License ManagerユーザーはMicrosoft 365ユーザーにリンクしている必要があります。また、Snow Integration Connector for Microsoft 365を設定している必要があります。

  • 重複ライセンス(-)

    注記

    重複ライセンスアプリケーションとは、ライセンスとサブスクリプションプランの両方の対象となっているアプリケーションを指します。

    アプリケーションを対象とするサブスクリプションプランがある通常のライセンスの自動割り当ては考慮しません。これにより、通常のライセンス、同じユーザーを対象とするサブスクリプションプランの両方があることになります。

    Snow Integration Connector for Microsoft 365およびユーザーのリンクを使用し、Microsoft 365サブスクリプションプランに含まれるアプリケーションのカバレッジを提供することを推奨します。通常のライセンスを使用したアプリケーションのカバレッジを追加する必要がある場合は、自動割り当てを使用せず、特定のユーザーまたはデバイスに確実に割り当てるようにしてください。

コンプライアンス

アプリケーションがコンプライアンスを満たしているかどうかを示すサマリー。

財務情報タブ

財務情報タブには、アプリケーションに関連する費用や財務リスクが表示されます。

タイプ

説明

アプリケーション費用合計

この費用は次のように計算されます。

メトリックあたりのアプリケーション費用×ライセンス要件

<メトリック>あたりのアプリケーショ費用

この費用は、 アプリケーションを編集ビューで手動で設定されます。

ライセンス費用合計

この費用は次のように計算されます。

ライセンス購入合計+メンテナンス費用合計+サポート費用合計

  • ライセンス購入合計=アプリケーションに登録されているすべてのライセンスの 購入価格の合計

  • メンテナンス費用合計とサポート費用合計は全期間に基づいており、アプリケーションに登録されたすべてのライセンスが対象です。

ライセンスあたりの平均費用(メトリック)

この費用は、アプリケーションのメトリックに基づきます。

ライセンス費用合計/ライセンス数合計

注記

この費用は、アプリケーションと同じメトリックでライセンスを購入した場合にのみ計算されます。

リスク

アプリケーションのコンプライアンスの不一致を費用で示します。 リスクは、コンプライアンスがプラスかマイナスかによって、プラスにもマイナスにもなり得ます。 リスクは次のように計算されます。

ライセンスあたりの平均費用(メトリック)×コンプライアンス

アプリケーションにライセンスが全く購入されなかったり、登録済みライセンスのメトリックがアプリケーションのメトリックと異なる場合、リスクは次のように計算されます。

メトリックあたりのアプリケーショ費用×コンプライアンス

リスク(未使用のソフトウェア)

未使用のソフトウェアの費用を示します。

アプリケーションにライセンスが購入され、かつ、ライセンスのメトリックがアプリケーションと同じ場合、次のように計算されます。

ライセンスあたりの平均費用(メトリック)×未使用のインストール数

アプリケーションにライセンスが全く購入されなかった、または、ライセンスのメトリックがアプリケーションと異なる場合、次のように計算されます。

メトリックあたりのアプリケーション費用×未使用のインストール数

リスクは、アプリケーションがどの程度使用されているかをパーセンテージで表示します。

(未使用のインストール数/合計インストール数)×100