リストの管理

リストにより、SLM Web UIを毎日使用するうえで情報の管理や検索が簡単にできます。 リストのタイプは以下の3種類あります。

リストのタイプ

説明

すべてを一覧表示

このタイプのリストは、アプリケーションコンピュータデバイスモバイルデバイスユーザー契約ライセンスで使用できます。指定のカテゴリ内で選択された情報が記入されたすべての行を含むリストが生成されます。その後、さらに情報を並べ替えやフィルタリングすることができます。

検索

全ての検索結果は、リストを使って表示されます。すべてを一覧表示と比較した違いは、コンテンツを事前フィルタリングでき、後で使用できるよう検索内容を保存できるということです。

レポート

より詳細なレポーティングを行うには、事前構成済みの在庫レポートを[レポート]セクションで使用することができます。 これらのレポートは、フィルターして、自動配信スケジュールを設定できます。

リストにある行はすべてクリック可能で、選択されたコンピュータ、ユーザーなどを詳細に表示できます。 リストに戻ると、以前と同じ方法で表示されますが、グループ化、フィルタリングの両方またはいずれかが適用されています。

すべてのリストはデフォルトでページングを使用しており、初めに読み込まれたデータを保存するキャッシュが有効になっています。リスト内容の再読み込みや更新を行うには、コンテキストメニューから更新を選択してください。

フィルタリング

リストコンテンツは、フィルターを使って直接修正できます。

  • 列ヘッダーの下にあるボックスにフィルター基準を入力し(ワイルドカード文字は必要ありません)、リストが再読み込みされるのを待ちます。

    フィルターに一致する行だけが表示されます。

filtering.png

並べ替え

リストは、最初の列に基づいてデフォルトで並べ替えられますが、別の列で並べ替えることもできます。

  • 最初の列ではなく別の列に基づいてリストを並べ替えるには、列ヘッダーをクリックします。

  • 並べ替え順序を反対にするには、同じ列ヘッダーをもう一度クリックします。

選択された並べ替え順序が、列ヘッダー内に矢印で表示されます。

sorting

グループ化

リストコンテンツをグループ化するには、以下を実行してください。

  • 列ヘッダーをリスト上にあるグループ化エリアにドラッグします。2つ以上の列ヘッダーをグループ化エリアにドラッグすると、リストコンテンツを複数レベルにグループ化できます。

グループの詳細はデフォルトでは非表示に設定されています。グループを展開するには、左側の矢印をクリックします。

grouping.png

列セレクタ

列セレクタ機能を使用すると、デフォルトでは表示されていない列を追加したり、不要な列を削除したりできます。

  1. コンテキストメニューから、列セレクタをクリックします。

    列を選択してくださいのダイアログボックスが表示されます。

  2. リストに列を追加するには、列をリストヘッダーにドラッグアンドドロップします。

  3. リストからヘッダーを削除するには、列を選択してくださいダイアログボックスにヘッダーをドラッグして元に戻してドロップします。

  4. 列セレクタダイアログボックスを閉じるには、右上のRemoveWhiteをクリックします。

columnselector

すべてのアイテムを選択する

リストの上部にあるすべて選択のチェックボックスを選択すると、現在のページに表示されているアイテムだけが選択されます。

selectallitems

複数のページを持つリストにあるアイテムをすべて選択するには、ページをすべて表示NoPagingアイコンをクリックして、すべて選択のチェックボックスを選択します。